ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保険年金課 > 安心して医療を受けるための国民健康保険

本文

安心して医療を受けるための国民健康保険

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月1日更新

国民健康保険

 病気やけがに備え,みんなでお金を出し合い,誰もが安心して医療を受けられるようにできた制度が医療保険制度です。すべての人が何らかの公的保険に入らなければなりません。

 

加入・脱退の手続きを忘れていませんか

 会社などの健康保険をやめて国民健康保険(国保)に加入するときは手続きが必要です。会社などの健康保険に加入したときも,国保の資格は自動的にはなくならないのでやめる手続きをしてください。※手続きは健康保険の資格取得日・喪失日以降に行ってください

〇受付場所・・・市民課,各支所・分所・分室の窓口

▼持ってくるもの

・加入時:資格喪失証明書(健康保険の離脱を証明するもの)

・脱退時:国民健康保険証,会社などの健康保険証(加入した人全員分)

※いずれの手続きにも届け出人の本人確認ができる証明書(運転免許証など)および世帯主と届け出に該当する人のマイナンバー(個人番号)が確認できるものが必要です

保険税申告書が届いた人は必ず提出を

 所得税や市・県民税の申告をした人などを除いて,収入がない人や遺族年金・障がい年金などの非課税収入のみの人でも提出が必要です。

■申告をしないと次のように不利になる場合があります

〇保険税の軽減制度が受けられない

〇上位所得者とみなされ,高額医療費の支給や入院した時の食事代の減額が適正に受けられない

 

保険税を滞納すると?

〇有効期限の短い短期被保険証を交付します。

〇災害などの特別な事情もなく滞納している世帯には保険証を返してもらい,資格証明書を交付します※資格証明書で受診するときは医療費の全額が自己負担となります

〇財産の差し押さえなどをする場合があります

 

※納付が困難な場合は分割納付もできます。滞納しないで相談してください。 

保険年金課(資格賦課担当928-1055,納税担当928-1056)

手話通訳/要約筆記の有無: