ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2021年4月号 > 新型コロナワクチン接種について大切なお知らせです
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2021年4月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:219242印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月31日更新
今月のイチオシ

新型コロナワクチン接種について大切なお知らせです

現在、新型コロナワクチン接種に向けた準備を進めています。
接種対象者には国が示すスケジュールに基づき、順次接種券を発送していきます。

最新情報はこちら

ワクチン接種について知っておきたいこと

ワクチンの効果は?

2回接種することにより、ファイザー社のワクチンで95%の有効性で熱や咳などの発症を防ぐ効果が認められています。
多くの人が接種することで、個人の発症・重症化予防や社会全体での感染症の流行を防ぐことが期待されています。

必ずワクチン接種を受ける必要があるの?

強制ではありません。同意がある場合のみ接種をします。

接種費用はかかるの?

無料です。
接種の予約も含めてお金はかかりません。

接種回数は?

2回の接種が必要です。
ファイザー社のワクチンでは、通常3週間の間隔が必要です。

接種による副反応は起こるの?

一般的にワクチン接種後には、接種部位の痛み・疲労感・頭痛・発熱などが起こる可能性があります。
ワクチンに対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、アメリカでは100万人に5人程度と報告されています。

「新型コロナワクチン接種」に便乗した詐欺に注意してください

●市役所や保健所などが「新型コロナワクチン接種」の予約や接種にあたって電話でお金や個人情報を要求することは絶対にありません。
●自宅や職場などに不審な電話がかかってきたら、迷わず市コールセンターや最寄りの警察署、警察相談専用電
話(#9110)に連絡してください。

ワクチン接種スケジュール(予定)

新型コロナワクチンは重症化のリスクが高い人から接種を開始します。
ワクチンの供給量により接種開始時期が細分化される可能性があります。

※持病がある人などは接種を受ける前にかかりつけ医に相談しましょう

ワクチンスケジュール

※医療従事者への接種は3月8日〜5月末

ワクチン接種までの流れ

1、接種券が届く(予診票を同封)

高齢者への接種券は年齢で分けて郵送します。

80歳以上の人5月10日(月)(発送予定)
65〜79歳の人6月10日(木)(発送予定)

高齢者以外の人への接種券の郵送時期は、決まり次第お知らせします。

接種券封筒

この封筒が届きます。封筒の色は白色です。

2、接種を受ける場所と日時を予約する

今回のワクチン接種は、集団接種か個別接種のいずれかの方法で受けてください。
予約には接種券が必要となります。

接種の流れ

3、予約した接種会場または医療機関で接種を受ける(無料)

予約した日時に予約した場所に行って接種を受けてください。

当日の持ち物

□接種券
□予診票(記入したもの)
□本人確認書類
(健康保険証など)

2回目の接種について

1 回目の接種後に2 回目の接種の予約を行ってください。ワクチンの効果を十分得るために同じ種類のワクチンを約3~4 週間の間隔を空けて2回受ける必要があります。

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
✆928-1287