ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 新型コロナワクチンを正しく理解し接種を検討してください

本文

新型コロナワクチンを正しく理解し接種を検討してください

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

新型コロナワクチンを正しく理解し接種を検討してください

年代別の感染者割合とワクチン接種率

年代別の感染者割合とワクチン接種率

 

ワクチンを接種するか迷っている人はメリットとデメリットなどを参考に検討してください

ワクチンは健康や命を守ります

・10歳代でも国内で5万人以上が感染し、入院した人も多くいます。軽症とはいえ38度以上の高熱や咳が2週間続いた人、また嗅覚や味覚障害などの後遺症に苦しんでいる人もいます
・接種を受け、免疫ができることで感染や発症の確率を大きく減らせるとともに、重症化も防げます

副反応のリスクがあります

・若者は高齢者に比べ副反応が出やすいです。しかしほとんどが2~3日以内に回復しています
・主な副反応は注射部位の痛み、倦怠感、頭痛、筋肉痛、寒気、発熱などです。またまれな副反応としてアナフィラキシー(100万回接種当たり27〜28.7件)、心筋炎・心膜炎(100万回接種当たり0.6〜0.8件)が報告されています

安全で安心感のある生活を取り戻します

・自分が生活する地域でより多くの人が接種を受けることで、ウイルスに対する防御が高まり感染拡大を抑えます
・感染流行が収まれば、学校の部活動や文化祭などが不安なくできるようになるなど、以前の生活を取り戻すことが期待できます

家族や友人など周囲の人を守ります

・自分自身が接種を受けることで、感染しにくくなり、家族や日常的に接する友人・同僚を守る効果が期待できます

注射のイラストワクチンのイメージイラスト

その他ワクチンに関するQ&Aは厚生労働省のホームページへ→厚生労働省のHPへ

 

新型コロナワクチン接種のお知らせ

 国からのワクチン供給量に合わせて順次接種を進めています。
 ワクチン接種は強制ではなく同意がある場合のみ接種します。体調などに不安がある人はかかりつけ医や県コールセンターなどに相談の上で接種するか決めてください。※ファイザー社製ワクチン(集団・個別接種)は3週間、武田/モデルナ社製ワクチン(県の大規模接種)は4週間の間隔を空けて2回接種してください。15歳以下の人の接種は保護者の同伴をお願いします

 

集団接種(エフピコアリーナふくやまなど市が設置する会場での接種)

ワクチン供給量が決まり次第、予約開始日や開設日などを市ホームページや公式SNSなどでお知らせします。

予約方法

予約方法1

パソコンやスマートフォンで予約する(24時間受付)
予約サイトはこちら

予約方法2

電話で予約する(8:30~17:15※土・日曜日、祝日を含む)
コールセンター TEL:0570-015673

 

個別接種(医療機関での接種)

 予約可能な医療機関の空き状況などを事前に国の専用サイト「コロナワクチンナビ」で確認の上予約してください。

予約方法

接種できる医療機関に直接問い合わせ

 

県の大規模接種

 広島県が8月21日から予約受け付け。8月31日から接種開始。

※現時点で予約枠の上限に達しましたが、今後キャンセルが発生する可能性があります

予約方法

予約方法1

電話で予約する(8:00~20:00※土・日曜日、祝日を含む)

コールセンターTEL:082-569-5288

予約方法2

Webでの予約はこちら→広島県のホームぺージ

 

耳の不自由な人などの問い合わせ

【新型コロナウイルスワクチン接種実施本部】 FAX 084-928-1270 

新型コロナワクチンコールセンター

ワクチン接種で心配なことは「新型コロナワクチンコールセンター」に相談してください

【 国 】 TEL 0120-761-770 (9:00~21:00、土・日曜日、祝日を含む)
【広島県】 TEL 082-513-2847 (24時間、土・日曜日、祝日を含む)

●聴覚に障がいのある人など電話で相談が難しい場合の問い合わせ

【広島県】 FAX 082-211-3006

新型コロナウイルスワクチン接種対策室
TEL:928-1287
FAX:928-1270

手話通訳/要約筆記の有無: