ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民生活課 > 悲惨な交通事故を減らすために

本文

悲惨な交通事故を減らすために

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月1日更新

内容

 交通死亡事故の半数以上が夜間に発生しています。夜間に外出するときは反射材用品などを付けましょう。
 また,夕暮れ時は早めに車のライトを点灯し,夜間に前走車や対向車がいない場合はライトを上向きにして走行しましょう。
 県では毎月1日を「自転車安全利用の日」,10日を「高齢者の交通安全の日」,20日を「飲酒運転根絶の日」と定めています。

      市内の交通死亡事故の発生状況(人) 

 (9月末時点)                                 

種別 2020年 対前年同期比
死者 -4
  高齢者(65歳以上) -2
若年者(16~24歳) -2
その他 ±0

 9月中は新たに交通死亡事故は発生していませんでしたが,これまでに7件の交通死亡事故が起きています。
事故を起こさないために,

  • 歩行者は周囲に目を配り,車両が近づいている時の無理な横断を控えましょう。
  • 遠回りでも横断歩道を渡りましょう。
  • 日が短いこの時期には,相手に自分の存在を知らせるために,歩行者の方は反射材用品を身につけたり,ドライバーの方は早めのライト点灯をしたりしましょう。

※詳しくは,市ホームページ「福山市の交通事故発生状況」をご覧ください。

市内の身近な犯罪の発生状況(件) 

 (9月末時点) 

種別 2020年 対前年同期比
刑法犯総数 1,605 -294
うち身近な犯罪 832 -151
  乗り物盗 405 -36
車上ねらい 75 -1
器物損壊 207 -28
空き巣など侵入盗 126 -76
その他 19 -10

 市内で不審者が多く出没しています。声かけやつきまとい,公然わいせつなどが発生しています。
被害は夕方から深夜にかけて増えています。歩きスマホやイヤホンで音楽を聴きながらの帰宅は,周囲の状況が把握できず危険です。
 職場や家庭で,帰りが遅くなるときの帰宅方法などについて話し合いましょう。

※詳しくは,市ホームページ「福山市の犯罪発生状況」をご覧ください。

 

市民生活課
✆084-928-1077

手話通訳/要約筆記の有無: