ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > スポーツ振興課 > メキシコオリンピックチーム視察団(競泳・飛込)が福山市を視察

メキシコオリンピックチーム視察団(競泳・飛込)が福山市を視察

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月12日更新
競泳と飛込の交流合宿について合意署名しました。

 9月13日(木曜日)から9月17日(月曜日)まで、メキシコオリンピックチーム視察団3人が福山市を訪れ、練習会場や宿泊施設を視察しました。

 視察に訪れたのは、福山市で東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の事前合宿受入が決定している8競技(競泳・飛込・バドミントン・フェンシング・スポーツクライミング・トライアスロン・ボート・カヌー)のうち、メキシコ水泳連盟の競泳部門と飛込部門の両本部長およびメキシコオリンピック委員会の幹部1人です。

訪問者:【MOC】フアン・フランシスコ・ガルシア メキシコオリンピック委員会法務局長
      【競 泳】ダヴィッド・レオナルド・カジェハス メキシコ水泳連盟競泳部門本部長
      【飛 込】ホルヘ・エンリケ・カレオン メキシコ水泳連盟飛込部門本部長

◎9月13日(木曜日)の1日目
 視察団は広島空港到着後、福山市へ移動。
◎9月14日(金曜日)の2日目
 各練習施設や宿泊施設を視察した後、本市を表敬訪問(杉野副市長が対応)しました。
 その後、市体育協会・商工会議所・競技団体・行政などとともに、歓迎レセプションに参加しました。
競泳視察飛込視察
競泳の練習施設を視察するダヴィッド・カジェハス氏飛込の練習施設を視察するホルヘ・カレオン氏
表敬訪問レセプション
表敬訪問の様子歓迎レセプションの様子
◎9月15日(土曜日)の3日目
 競泳・飛込とも、来年度の合宿での交流メニューに関する協議を行いました。
◎9月16日(日曜日)の4日目。
 メキシコ水泳連盟の競泳部門と飛込部門の両本部長は、福山市役所において、来年度の交流合宿の合意書にサインしました。
合意署名式1合意署名式2
合意書に署名する競泳部門・飛込部門両本部長と杉野副市長
ゲタリンピック1ゲタリンピック2
ゲタリンピックのメキシコチーム福山キャンプPRブースで


 視察を通して視察団から「トップクラスの選手を合宿に連れて来たい」「練習だけでなく、市民の皆さんとの交流も非常に楽しみ。選手にとっても励みになると思う」などのコメントをいただきました。
 フェンシング・スポーツクライミング・トライアスロン・ボート・カヌーの4競技についても、今年中に競技団体の視察を受け入れ、来年度の交流合宿に向けた調整を進めていきます。

スポーツ振興課
Tel:084-928-1293

手話通訳/要約筆記の有無: