ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2022年1月号 > 備後圏域ってどんなところ?~神石高原町~
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2022年1月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:247701印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月3日更新
つながる 備後圏域

備後圏域ってどんなところ?~神石高原町~

内容

三原市・尾道市・福山市・府中市・世羅町・神石高原町・笠岡市・井原市の6市2町で構成される備後圏域。
風光明媚な瀬戸内海に面し、緑豊かな中国山地を後背に擁し、豊かな自然の中で暮らしながら主要都市へのアクセスの良さも魅力の一つです。
そんな備後圏域にどんな市町があるのか紹介します。

人と自然が輝く高原のまち 神石高原町

恵まれた気候と自然環境を活用した農業・畜産業やリゾート産業が盛んな神石高原町。森に癒やされる森林セラピー®をはじめ、とよまつ紙ヒコーキ・タワー、ティアガルテン(仙養ヶ原)、帝釈峡など大自然を満喫できるアトラクションスポットのほか、歴史ある史跡や由緒ある神社・仏閣も多く存在します。

リニューアルした道の駅

福山市との境に近い「道の駅182ステーション」がリニューアルオープンしました。従来より明るくなった産品売場は見て歩くだけでも楽しめ,新たにカフェも併設されています。

日本五大峡 帝釈峡

帝釈峡(たいしゃくきょう)は、中国山地に位置する広島県北東部の庄原市東城町(旧東城町)および神石高原町(旧神石町)にまたがる全長18kmの峡谷です。国の名勝に指定され、比婆道後帝釈国定公園の主要景勝地です。さらに日本百景の一つとされ、広島県安芸太田町の「三段峡」と共に広島県を代表する景勝地として知られています。国内有数の峡谷で「日本五大峡」の一つと地元では伝えられています。

 

カフェ外観 カフェ内観

           

神石高原町ホームページはこちら

備後圏域情報サイト「びんごライフ」はこちら 

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

情報発信課
084-928-1003