ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 福山市民病院 > 組織でさがす > 感染対策室 > 第二種感染症指定医療機関

第二種感染症指定医療機関

 当院は、広島県東部における第二種感染症指定医療機関及び協力医療機関であり,2類 感染症又は新型インフルエンザ等感染症の患者の入院を担当させる医療機関として都道府県知事の指定を受けた病院です。
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で規定されている感染のなかで、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設です。
 疾患では,急性灰白髄炎(通称ポリオ)・ジフテリア・重症急性呼吸器症候群(SARS)・鳥インフルエンザ(H5N1)・鳥インフルエンザ(H7N9)・ 中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)等の2類疾患と新型インフルエンザ・指定感染症が対象となります。

ページトップへ戻る