ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・環境情報 > 環境啓発 > イベント > 第1回講座を開催しました!引き続き聴講生募集中!
  江戸時代の生活と現代の環境問題が学べる ふくやま環境大学 

本文

第1回講座を開催しました!引き続き聴講生募集中!
  江戸時代の生活と現代の環境問題が学べる ふくやま環境大学 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月3日更新

ふくやま環境大学 第1回講座 「食」を開催しました!!

 福山城築城400年にちなんで、江戸時代の人々の生活の営みと現代の私たちが直面する環境問題について学び、これからの環境問題を考える、今年度のふくやま環境大学の第1回講座を6月22日(土曜日)に開催しました。
 第1回講座のテーマは「食」

 開講式の後に行われた1時限目では、「漁業と環境」として、鞆の浦漁業協同組合 組合長 羽田様に講義をいただきました。
 江戸時代に確立された画期的な能動式漁法「しばり網漁法」。現在は「観光鯛網」として継承されていますが、この漁法がいかに画期的な発明であったか、などを冒頭に福山観光コンベンション協会が作成した観光鯛網のDVDを鑑賞したうえで説明いただきました。
 その後、現在の海や海洋生物をとりまく問題について地元の漁師の方の目線で、鋭い問題提起と現状説明をしていただきました。

 2時限目では、「農業と環境」として、福山市農業協同組合 川口グリーンセンターの倉田様、藤井様 そして福山くわい出荷組合 組合長 喜多村様に講義をいただきました。
 まず、農業を支える用水路について、江戸時代から多くの田畑を潤すために網の目のように張り巡らされてきた状況について教えていただきました。現在でも大雨のときには排水機の管理を行うなど大変な苦労を伴いながら、農業の維持だけでなく人々の生活を支えるうえで大切な役割を担っています。
  また、福山市が全国生産量1位を誇るくわいについて、福山城の堀に自生していたくわいを栽培し始めたのが、くわい生産のきっかけという説があるなど、くわいの歴史や生育についてパネルを使って説明いただきました
 最後に、実習「わたしのくわいちゃんプロジェクト」として、受講生の皆さんに、くわいの育成体験をしていただく説明を行っていただきました。これはバケツを利用して自宅でくわいを育ててみよう!という試みです。さてさて、皆さん無事に「わたしのくわいちゃん」を育てることができるのでしょうか??

わたしのくわいちゃんプロジェクトの様子
 リサイクルプラザでも、「わたしのくわいちゃんプロジェクト」実施中です♪

 ふくやま環境大学では、多岐にわたるテーマに、多様な講師陣をお迎えし、座学の講義だけでなく、工場見学や体験、くわいの育成実習など新しい発見がたくさんあります。

  2019年度(令和元年)ふくやま環境大学のごあんない [PDFファイル/4.07MB]

 引き続き、今後の講義を受講していただく聴講生を募集中です!!

  2019年度「ふくやま環境大学」受講申込用紙 [Wordファイル/39KB]

 ぜひ、ご参加いただき、江戸時代の人々の生活に思いをはせながら、現代の環境問題について知識を深めませんか?

------------------第2回講座のご案内------------------

【開催日】  2019年(令和元年)7月15日(月曜日・祝日)
【時間】   13時00分 から 17時00分 まで (予定)
【会場】   株式会社オガワエコノス 本山工場
【集合】   JR福山駅北口(13時集合)
【内容】   1時限目(江戸時代) 
        講師に 備陽史探訪の会 会長 田口様をお迎えして、400年前の福山城築城に伴う「ふくやま」の誕生と、
        その後の成長について講義いただきます。干拓による都市の拡大や、産業形成などの内容になります。
       2時限目(現代)
        講師に 株式会社オガワエコノス環境マイスターの堀様をお迎えして、現代の最先端産業の一つである廃棄物処理について
        学びます。主に廃棄物処理施設の工場見学(資源ライン・家電ライン)と、ハードディスクドライブの解体作業
        の体験を行います。

       JR福山駅北口に集合して、貸し切りバスで株式会社オガワエコノスへ移動します。
       講義終了後、再度貸し切りバスでJR福山駅北口まで戻り、解散となります。

       第2回講座の受講申し込みは、7月8日(月曜日)までとなります。
       ぜひ、お申し込みください。

------------------ふくやま環境大学のご案内------------------

2019年度ふくやま環境大学 チラシ1枚目 
2019年度ふくやま環境大学 チラシ2枚目 2019年度ふくやま環境大学 チラシ3枚目 申込用紙

1.実施期間

   2019年(令和元年)6月22日(土曜日)  から 12月14日(土曜日)

2.募集対象

   福山市内に在住し、環境保全・環境問題などに関心のある方で、小学校四年生以上の方
    (未成年の場合、要保護者同意。小学生は原則保護者同伴。)

3.応募期間

   聴講生 各講座実施の1週間前まで

4.受講料

   無料

5.申込方法

   所定の申込用紙に必要事項をご記入のうえ、持ってくる、郵送、Faxまたは
   電子メール( kankyou-keihatsu@city.fukuyama.hiroshima.jp)のいずれかで、環境啓発課へ申し込んでください。

2019年度「ふくやま環境大学」受講申込用紙 [Wordファイル/39KB]
 ※定員になり次第、締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

 6.申込用紙設置場所

  環境啓発課(リサイクルプラザ),環境総務課,環境保全課,廃棄物対策課,各支所,
 各公民館・コミュニティセンター(館)などに設置しています。

  カリキュラムの詳細などについては、こちらをご確認ください。
    2019年度(令和元年度)ふくやま環境大学のごあんない [PDFファイル/4.07MB] 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)