ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山地区消防組合消防局 > 各課のページ > 第50回全国消防救助技術大会に出場しました

本文

第50回全国消防救助技術大会に出場しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月16日更新

第50回全国消防救助技術大会に出場しました!!

出場種目全種目で入賞

表彰状を持つ選手たち!!
 8月26日(金曜日)に東京都立川市で開催された,第50回全国消防救助技術大会の陸上の部において,本消防組合の隊員が,中国地区または広島県の代表として,堂々たる訓練成果を披露しましたので,お知らせします。
今大会は,「『助ける』を競う」というスローガンのもと,出場選手が900人余り,来場者が約2万5,000人を超える大規模な大会でした。
本消防組合からは,先に行われた代表選出の予選会を突破した,過去最多の4種目,10人の選手が出場し,第50回という節目の大会に相応しい出場者数での参加となりました。出場種目全種目で入賞できたことは,選手たちが取り組んできた努力の賜物だと思います。
 本大会を通じて得たものを基に,引き続き,本消防組合管内の安心と安全を守るため,日々,訓練に取り組みます。

出場種目,出場選手及び成績紹介

【ほふく救出】

(標準所要時間62秒・持点300点)

《出場選手》

芦品消防署

消防士長 大本 雄介   消防士長 小西 智文

消防士  渡辺  伸

《タイム及び得点》

 38.5秒 300点【入賞】

ほふく救出の選手

【ロープブリッジ渡過】

(標準所要時間28秒・持点100点)

《出場選手》

芦品消防署

消防士長 槇田 快生

《タイム及び得点》

 19.1秒 100点【入賞】

ロープブリッジ渡過の選手

【ロープブリッジ救出】

(標準所要時間75秒・持点400点)

《出場選手》

北消防署駅家分署

消防士長 内藤 久嗣   消防士長 中本 修輔

消防士長 柳田 健登   消防士  佐藤 太一

《タイム及び得点》

 45.4秒 400点【入賞】

※ 入賞した中で,1番早いタイムでした!!

ロープブリッジ救出の選手

【ロープ応用登はん】

(標準所要時間16秒・持点200点)

《出場選手》

西消防署

消防士長 土生 幸太朗

消防士  谷尻 剛洋

《タイム及び得点》

 14.0秒 200点【入賞】

ロープ応用登はんの選手

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)