ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 福山市立大学附属こども園 > 研究リーフレットとご意見ご感想

本文

研究リーフレットとご意見ご感想

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月19日更新

ほんの一部ですが,ご紹介させていただきます。

キャプチャ

安心・安全に配慮した環境,子どもの“やってみたい”“またしたい”“もっとしたい”気持ちを叶えられる場がどこを見ても用 意されていて,子どもが主体的にイメージをもって楽しむ姿を間近で見させてもらい,たくさんの学びを得ることができました。

 

一人ひとりの子どもがやってみたいことをじっくりたっぷり遊んでいる姿を見守り,タイミングのよい声かけやかかわりをされている先生方が印象的でした。年齢に合った“やってみたい”がねらいになっていることで遊び込むことができるのだなと感じました。

 

環境や遊びの工夫をすることで,自然の中へ出かけていかなくても,園の中でこんなに自然に触れ,秋を感じながら楽しい経験ができるのだと学びました。先生方が心を込めて環境構成されたのだろうと,保育に対する熱意を感じました!

 

保育者も一緒に笑顔で楽しんでいるからこそ子どもたちの楽しむ姿がたくさん見られたのだと思います。遊びの環境の工夫が子どもたちのワクワク感を高めていると思いました。まさに研究テーマそのままのようで,見ている私自身も楽しくワクワクした気持ちになれました。子どもたち一人ひとりの表情が輝いていて,日頃の先生方の保育が,ほんの20分という短い時間でも感じることができました。

 

子どもたちも先生方も楽しそうな笑顔が印象的でした。子どもに押し付けるものが何一つなく,どの子もやりたいこと,やりたいものに目を向けていましたね。私もこんな保育がしたいとわくわくし,モチベーションが上がりました!

 

継続した遊びのおもしろさを子どもたちの表情や姿から感じることができました。子どもの“やってみたい”を引き出す環境づくりなど学ばせていただきました。ハンドカーで砂を運ぶ子どもたち!「これな,ケーキの材料なんよ」「生クリームだからね」としっかりとイメージを友だちと共有し,いつになったらケーキになるのだろうとおとなの感覚で見ていましたが,段々と遊びに加わる子どもが増え,それぞれの“やってみたい”におもしろさを感じました。明日はどう展開するのか,わくわくしました!

 

戸外でも制作ができるなど,園庭のスペースをうまく使われていて,楽しそうな雰囲気を感じました。子どもたちの様々に遊ぶ姿を見て,一人ひとりの「願い」が叶えられている環境だなと思いました。