ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > デジタル化推進室 > 「電動キックボード活用による地域課題の解決」(福山市実証実験まるごとサポート事業)

本文

「電動キックボード活用による地域課題の解決」(福山市実証実験まるごとサポート事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月9日更新

支援概要

電動キックボード

会社ロゴ

 
分野

モビリティ

状態

支援終了

実施者

株式会社Luup

事業概要

次世代の短距離移動手段として注目されている電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティについて,電動キックボードがどのような条件下であれば安全・快適に利用でき,これらが社会に実装できるのかを確認するとともに,地域の回遊性向上や活性化の可能性などについて検証する。

実施場所

福山市中央公園(福山市霞町1丁目10)

実施時期

2019年(令和元年)7月27日
10時00分~15時00分

支援内容
  • 実証実験場所の提供(公園使用占有許可申請手続含む)
  • 警察等との事前協議の支援
  • ホームページ,フェイスブックなどSNSを活用したPR
  • 市公共施設や駅,連携協定企業店頭等への実証実験参加者募集チラシの設置
  • 近隣住民等に対する実証実験実施の情報提供
  • 実証実験で使用する物品の貸出  など
実験結果

約100名の方が電動キックボード「LUUP」に試乗し,約500メートルのコースを走行。指導員のレクチャーによりすぐに機体に慣れ,短時間で乗りこなせるようになり,試乗体験者へのアンケートでは,多くの方が電動キックボードを自転車と同様の安全性を感じた結果となった。

今後も観光地での賑わい創出や新たな交通インフラとして期待される電動キックボードの安全性,快適性,地域の回遊性向上や活性化などについて検証する予定。

※詳しくは,「電動キックボードの実証実験を実施しました(福山市HP)」をご確認ください。

備考

実施者による電動キックボード試乗体験の報告(外部サイト)