ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > デジタル化推進室 > 実証実験まるごとサポート事業(随時募集)における補助金の交付について

本文

実証実験まるごとサポート事業(随時募集)における補助金の交付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月28日更新

ファイル「まるごと実験都市ふくやま」として,先端技術等を活用した新たなサービスや製品等の実証実験を積極的に支援するため,一定の条件のもと,予算の範囲内で実証実験にかかる経費の一部を補助します
 

〔参考資料〕

補助金の交付について

募集期間

 通年
 

〔留意事項〕 

支援が決定した実証実験について,希望のある方を対象に,随時審査をし,補助金の交付の決定をしていきますが,交付決定総額が予算枠に達した場合,当該年度分の補助金の交付を終了させていただきます。
 

交付対象者

 2021年4月1日以降に,「福山市実証実験まるごとサポート事業」の支援の決定を受けた方
 

補助金額

補助率

2分の1(千円未満切り捨て)
  

補助上限額

50万円
 

対象となる経費

補助事業として決定を受けた実証実験を実施するために必要な経費のうち,次に掲げる経費の合計額

  1. 謝金
    (実証実験に参加したモニターや協力者への謝礼など)
  2. 旅費
    (採択者の所在地から実証場所までの旅費や市内での宿泊費など)
  3. 施設等の使用料・賃借料
    (実証実験で使用する施設や機材の賃借料など)
  4. その他
    (機器運搬費や安全対策費など)

 

補助対象期間

     補助金交付決定の日から補助事業の完了の日又は2022年3月31日までのいずれか早い日まで

事業の流れ

事業フロー


交付申請

申請期間

  実証実験の支援の決定の日から実証実験の終了の日まで    

申請方法

     次の書類に必要事項を記入のうえ,デジタル化推進室まで郵送または持参にて提出してください。

〔申請に当たっての留意事項〕

  • 「福山市実証実験まるごとサポート事業」への応募と同時の申請も可能です。
    (ただし,補助金の交付を受けることができるのは,当該事業の支援決定を受けている方に限られるため,当該事業で支援不決定となった場合は,自動的に補助金の交付申請も取り下げとなります。)
  • 実証実験の支援の決定日以降に支出した経費であっても、補助金の交付決定前に支出したものについては、補助対象経費に含めることができませんので、支援の決定後、速やかに申請いただくことをおすすめします。
  • 当該補助金に係る消費税及び地方消費税に係る仕入控除額(以下「消費税等仕入控除税額」という。)を減額して交付申請してください。
    (ただし,申請時において消費税等仕入控除税額が明らかでないものについては,この限りではありません。)
     

提出部数

各1部
 

提出方法

申請書類(押印した原本) :郵送または持参
申請書類(電子データ)   :CD,DVD又は電子メール
 

〔提出にあたっての留意事項〕

  • 提出書類の作成及び提出に要する費用は,提出者の負担とします。
  • 昨今の社会情勢を鑑み,極力持参ではなく郵送で提出してください。
  • 郵送の場合,必ずデジタル化推進室へ発送の連絡を入れるとともに,届いているかどうかの確認を随時電話で行ってください。
     

提出先

福山市企画財政局企画政策部 デジタル化推進室

住所:〒720-8501 広島県福山市東桜町3番5号
電話:084-928-1254(直通)
E-Mail:digital@city.fukuyama.hiroshima.jp


審査・結果通知

申請は毎月20日で締め切り,「福山市実証実験まるごとサポート事業に関する補助金交付要綱」に基づき,事務局において申請内容を審査し,交付の可否を決定して翌月10日までに通知させていただきます。
 

【留意事項】審査

  • 必要に応じて,申請の内容について,Web会議システムや電話,メールなどでヒアリングさせていただくことがあります。

実績報告

補助事業が完了した場合には,次の書類に必要事項を記入のうえ,デジタル化推進室へ提出してください。
 

提出資料

 

〔申請に当たっての留意事項〕

  • 「補助対象事業の経費を証明できる書類」について,対応する経費を明らかにするため,「補助対象事業費明細書」に記載する費目の番号を書類の左上部分に明記していただくとともに,紛失防止のため,「補助対象事業費明細書」の裏面に糊付けするか,ホチキス止めしてください。
  • 補助の対象となる物件や金額を証明できる書類が確認できない場合は,当該物件にかかる経費は補助対象外となります。
  • 交付申請の段階で消費税等仕入控除税額を減額して申請をしていなかった方は,消費税等仕入控除税額を補助金の交付決定額から減額して報告してください。
     

提出部数

各1部
 

提出期限

次の日程のいずれか早い日まで

  • 補助事業が完了した日から起算して30日を経過した日
    (例)10月1日に完了した場合の提出期限 →10月31日
  • 補助事業が完了した日が属する年度の3月31日
    (例)3月5日に完了した場合の提出期限 → 3月31日
     

提出方法

郵送または持参
※実績報告書及び補助対象事業費明細書については,電子データでも提出すること(CD,DVD又は電子メール)
 

提出先

福山市企画財政局企画政策部 デジタル化推進室
 


確認・確定通知

 「福山市実証実験まるごとサポート事業に関する補助金交付要綱」に基づき,事務局において実績報告の内容を確認し,交付すべき補助金額を確定して通知させていただきます。
 


補助金交付

市から「補助金確定通知書」を受領した後,通知された確定補助金額に基づき,交付請求を行ってください。
請求内容を確認し,問題がない場合,指定の口座に振り込みます。
 

提出資料

  • 補助金交付請求書(様式11号)
     [Wordファイル/38KB] [PDFファイル/73KB]
  • 支払相手方登録依頼書
    (補助事業者に対し,別途送付します。)
  • 補助金振込先金融機関の通帳の写し
    (表紙及び見開き部分。支店名・口座カナ名義・口座番号の確認できるもの。)
     

提出方法

郵送または持参
 

提出先

福山市企画財政局企画政策部 デジタル化推進室
 

こんな時は

  • 予算額がいくらか知りたい
  • 補助対象とならない経費は
  • 補助金交付対象となる経費を変更したい
  • 補助金交付時期を変更したい
  • 補助金交付を辞退したい  など

>> 詳細を確認する

 


募集概要補助金交付FAQ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)