ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > デジタル化推進室 > 「河川等状況監視システムの実証実験」(福山市実証実験まるごとサポート事業)

本文

「河川等状況監視システムの実証実験」(福山市実証実験まるごとサポート事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月4日更新

支援概要

水位計

 

分野

防災・安全

状態 支援中
実施者

太陽誘電株式会社

協力者(役割)

株式会社サンテック(電波式水位計・モニターカメラの設置)

事業概要

電波式水位計とモニターカメラを組み合わせた河川等状況監視システムの実証実験。
電波式水位計等を浸水被害が頻発する手城川流域に設置し,遠隔での河川等の監視に加え,得られたデータを可視化します。

実施場所

手城川流域の7個所

実施時期

2020年(令和2年)10月7日(水)~2021年(令和3年)3月末 ※予定

支援内容
  • ホームページ,SNS等を活用したPR
  • 実証実験場所の調整 など
参考
リンク

実験にあたって(実験実施者によるコメント)

太陽誘電は、小型・軽量ながら精度の高い電波式水位計を、従来製品より低価格で開発しました。
小型・軽量のため、設置工事も容易で、設置を含めた全体コストを抑制することが可能となります。

今回,福山市と協働する実証実験では,手城川流域の7個所に電波式水位計とカメラを設置しました。
電波式水位計とカメラのデータを、リアルタイムにクラウドサーバへ伝送し、蓄積しています。
クラウドサーバには過去のデータも含め保存されており、過去から現在までの状況を、現場に行かずとも、容易に把握することができます。

太陽誘電では、この電波式水位計とカメラを組み合わせた河川等状況監視システムによって、安全・安心なまちづくりに貢献したいと考えています。 

2020年10月7日人物
太陽誘電

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)