ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > デジタル化推進室 > 「水位計測実証実験」(福山市実証実験まるごとサポート事業)

本文

「水位計測実証実験」(福山市実証実験まるごとサポート事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月4日更新

支援概要

 

ロゴ

 

水位計

 
分野

防災・安全

状態 支援中
実施者

ソフトバンク株式会社

協力者(役割)

株式会社メディアテック一心(簡易型水位計の設置)
株式会社電信(簡易型水位計の提供)

事業概要

簡易型水位計による河川等水位監視システムの実証実験。
簡易型水位計を浸水被害が頻発する手城川流域に設置し,遠隔での河川等の監視に加え,得られたデータを可視化します。

実施場所

手城川流域の4個所

実施時期

2020年(令和2年)10月1日(木)~2021年(令和3年)3月末 ※予定

支援内容
  • ホームページ,SNS等を活用したPR
  • 実証実験場所の調整 など
参考
リンク

実験にあたって(実験実施者によるコメント)

 近年、台風や豪雨などの自然災害が頻発する中、河川、湖沼、ため池など水系管理の重要度が年々増加しています。
従来の河川観測体制を補足する形で、水位計をより量的に配備できる様、低コスト且つメンテナンス頻度の少ない簡易型水位計システムの開発を推進し、水位データをリアルタイムに収集・蓄積・解析する事で、防災対策及び発災が予想される場合の迅速な避難誘導に繋げる検討を行います。

2020年10月1日人物
ソフトバンク株式会社