ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 福祉総務課 > 【申請期間延長】福山市生活困窮者自立支援団体等活動支援事業補助金について

本文

【申請期間延長】福山市生活困窮者自立支援団体等活動支援事業補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月23日更新

【お知らせ】補助金の申請期間を延長します 

 補助金の申請期間を1ヶ月間延長しますので,申請される方は,2022年(令和4年)9月22日(木)までに申請してください。

 内容は次のとおりです。より詳細な内容を確認したい場合は,直接お問い合わせください。

概要

 生活困窮世帯等に対し,自立相談支援機関(福山市生活困窮者自立支援センター)と連携して物品支援等を行うNPO法人や社会福祉法人等の民間団体において,新型コロナウイルスの感染拡大及び物価高騰が,その活動に影響を及ぼしていることから,多様な生活支援ニーズに対応できるよう,経営基盤強化を始め,食材や日用生活用品等の必要な経費の一部を予算の範囲内で交付するものです。

対象団体

 生活困窮者等を対象とした,居場所づくりや見守り支援等を活動目的とするNPO法人や社会福祉法人等の民間団体

対象事業

(1)生活困窮者等の自立支援に資する事業

(2)子どもの状況把握・見守りを行う事業

(3)食事,食材の提供(配達を含む。)を行う事業

(4)基本的な生活習慣の習得や生活指導を行う事業

(5)学習習慣の定着等の学習支援を行う事業

(6)その他子どもの健全育成に資する事業

 ※収益事業として実施するものは除く。

補助対象経費

(1)経営基盤の強化に資することが認められる経費

  ア アドバイザーなど専門家派遣に係る経費

  イ 冷房機器,食料保存等に関する備品購入費(冷蔵庫,パントリー等)

  ウ 通信環境整備(Wi-Fi設置等)に係る経費,通信料

  エ 居場所づくりに必要となる会場借上げ料

(2)団体活動に係る食材や日用生活用品等の物品購入費等,当面の活動に必要と認められる経費

(3)そのほか,支援活動を実施する上で,市長が特に必要と認める経費

補助率

 補助率:補助対象経費の10分の10以内

 上限:1団体当たり50万円

    (補助対象経費(2)の場合は,10万円)

申請期間

 2022年(令和4年)7月26日(火曜日)~8月22日(月曜日)まで

 ※申請期間を2022年(令和4年)9月22日(木曜日)まで延長しました。

申請方法

 提出先:保健福祉局 福祉部 福祉総務課

 提出方法:持参,郵送(消印有効)

 住所:〒720-8501 福山市東桜町3番5号

様式・補助金交付要綱

【様式】

[様式第1号]補助金交付申請書 [Wordファイル/40KB]

[様式第2号]事業(変更事業)計画書 [Wordファイル/27KB]

[様式第3号]収支(変更収支)予算書 [Wordファイル/26KB]

[様式第4号]誓約書 [Wordファイル/26KB]

[様式第6号]事業計画(変更・中止・廃止)承認申請書 [Wordファイル/35KB]

[様式第7号]事業報告書 [Wordファイル/34KB]

[様式第8号]収支決算書兼補助金精算書 [Wordファイル/26KB]

[様式第10号]消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書 [Wordファイル/20KB]

【記入例】

[様式第1号]補助金交付申請書(記入例) [PDFファイル/134KB]

[様式第2号]事業(変更事業)計画書(記入例) [PDFファイル/140KB]

[様式第3号]収支(変更収支)予算書(記入例) [PDFファイル/98KB]

[様式第4号]誓約書(記入例) [PDFファイル/138KB]

[様式第6号]事業計画(変更・中止・廃止)承認申請書(記入例) [PDFファイル/116KB]

[様式第7号]事業報告書(記入例) [PDFファイル/121KB]

[様式第8号]収支決算書兼補助金精算書(記入例) [PDFファイル/123KB]

[様式第10号]消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書(記入例) [PDFファイル/87KB]

【補助金交付要綱】

福山市生活困窮者自立支援団体等活動支援事業補助金交付要綱 [PDFファイル/439KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)