ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 新型コロナウイルス感染症における濃厚接触者の待機期間について

本文

新型コロナウイルス感染症における濃厚接触者の待機期間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月23日更新

濃厚接触者の待機期間

濃厚接触者の方の待機期間は次のとおりです。

同一世帯内(陽性者が自宅療養する場合)

  • 検査陽性者の発症日(無症状の場合は検体採取日)又は住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目とし,5日間(6日目に終了)
  • 無症状の検査陽性者が,後日,発症した場合は,その発症日を0日目とする。
  • 別の同居家族が陽性となった場合は,改めてその発症日(無症状の場合は検体採取日)を0日目として起算

同一世帯内以外

  • 患者と最後に接触があった日(最終接触日)から5日間(6日目に終了)

期間の短縮

 2022年(令和4年)7月23日から社会機能維持者であるか否かに関わらず,次のとおり,抗原検査キットを用いて検査を行うことにより,解除が可能になりました。

  • 最終暴露日(陽性者との接触等)から2日目と3日目の検査で陰性を確認した場合(3日目から解除可能)

注意事項

期間が短縮される場合も7日間が経過するまでは,検温など自身による健康状態の確認や,ハイリスク者※1との接触やハイリスク施設※2への不要不急の訪問※3,感染リスクの高い場所の利用や会食を避け,マスクを着用すること等の感染対策を徹底してください。

※1 「ハイリスク者」とは,高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方

※2 「ハイリスク施設」とは,ハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関

※3 受診等を目的としたものは除く。