ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 医療機関,高齢者・障がい者施設で新型コロナウイルス感染症陽性者が発生した場合の対応について

本文

医療機関,高齢者・障がい者施設で新型コロナウイルス感染症陽性者が発生した場合の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月7日更新

職員や利用者から新型コロナウイルス感染症に感染したと報告があった場合

 医療機関,高齢者・障がい者施設で新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生した場合の対応についてご確認ください。

  別紙1職員または通所施設利用者から陽性になったと連絡が入ったら [PDFファイル/362KB]

  別紙2入所施設利用者が陽性になったら [PDFファイル/503KB]

参考

担当課及び送付先 

保健予防課

電話番号:084-928-1127

メールアドレス:hoken-yobou@city.fukuyama.hiroshima.jp

FAX:084-921-6012

濃厚接触者とは

 患者の感染可能期間(発症2日前(無症状者の場合は,陽性確定に係る検体採取日の2日前)から退院又は療養解除の基準を満たすまでの期間)のうち当該感染者が入院,宿泊療養又は自宅療養を開始するまでの期間における,次の範囲に該当する方を言います。

  1. 患者と同居あるいは長時間の接触(車内,航空機内等を含む)があった方
  2. 手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で,必要な感染予防策なしで,患者と 15 分以上の接触があった方
  3. 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
  4. 適切な感染防護なしに患者を診察,看護若しくは介護していた方

※患者と同一の航空機内において、前後2列を含む5列以内の列に搭乗 していた者

(国立感染症研究所感染症疫学センター 新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(令和3年1月8日版)より)

 

濃厚接触者の外出自粛(待機)期間について

 新型コロナウイルス感染症における濃厚接触者の待機期間について

関連リンク

閉所・施設利用停止について

 濃厚接触者に関しては陽性者と最終接触した翌日から7日間の外出自粛(待機)と健康観察をお願いしていますが,施設の閉所や利用停止などの運営に関して,福山市保健所から指示することはありませんので,あらかじめご了承ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)