ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 開発指導課 > 50戸連たん制度を廃止します

本文

50戸連たん制度を廃止します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月23日更新

《 廃止理由 》
 福山市では,2001年(平成13年)7月に「50戸連たん制度」を設け,市街化調整区域における分譲住宅や共同住宅等の非自己用住宅の開発行為等を許可してきましたが,近年の少子高齢化や人口減少に伴う空き家の増加等により,市街化区域の低密度化が進行するおそれがあります。
 こうしたことから,2020年(令和2年)4月に「福山市立地適正化計画」を作成し,コンパクト・プラス・ネットワークのまちづくりを進めることとしており,市街化調整区域における新たな居住を抑制するため,この制度を廃止するものです。


《 廃止内容 》
・制度の廃止には2年間の猶予期間を設け,施行日は2022年(令和4年)4月1日となります。
・施行日以降は,「50戸連たん制度」による許可はできなくなります。
・「50戸連たん制度」による許可を得ようとする場合は,施行日前(2022年(令和4年)3月31日)までに「許可申請」を行う必要があります。
・申請の際に添付書類が不足している場合は,受付できませんので注意してください。

「50戸連たん制度」に関する情報はこちら [PDFファイル/228KB]
福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例 [PDFファイル/141KB]
福山市立地適正化計画に関する情報はこちら
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)