ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 栄養・食生活 ~バランスのよい食事を心がけましょう~

本文

栄養・食生活 ~バランスのよい食事を心がけましょう~

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月1日更新

栄養・食生活

 「食」は,命の源であるとともに,すこやかで,心豊かな生活を送る上での基本となるものです。いつまでも自立した健康的な生活を送るために,日ごろの食生活を見直すことが大切です。バランスのよい食事を食べて,元気に過ごしましょう。ふくっぴー(栄養)

バランスのよい朝食をとろう 《福山市健康推進課》

朝ごはんには,「1日の生活のリズムをつくる」,「体温があがり身体を目覚めさせる」,「脳へのエネルギーになる」,「栄養のバランスが取れる」,「腸を刺激し排便を促す」などの役割があります。主食・主菜・副菜をそろえてバランスのよい「朝ごはん」を心がけましょう!

  • 関連ページ


塩分のとり過ぎに気をつけよう 《福山地域活動栄養士会》

塩分のとり過ぎは,高血圧や心臓病,腎臓病などの原因になります。1日あたりの目標食塩摂取量は,男性7.5g未満,女性 6.5g未満です。食塩は,しょうゆやみそなどの調味料だけでなく,パンやうどん,肉や魚の加工品にも含まれます。減塩の工夫として,汁物は具だくさんにする,天然だし,香辛料,香味野菜を利用する,加工食品のとり過ぎに注意する,などがあります。調理や食べ方を工夫しておいしく減塩を心がけましょう。

  • 関連ページ

食べていますか?野菜350g 《福山市食生活改善推進員協議会》

「食べていますか?野菜350g」1日350g以上の野菜を食べましょう。国民健康・栄養調査(令和元年度)によると野菜の摂取量は平均280gです。野菜を使った料理を1日にあと一皿多く食べると,目標の350gが達成できます。福山市食生活改善推進員協議会は,地域で食を通じた健康づくりの普及・啓発を行う食のボランティア団体です。ホームページでは,活動内容や地産地消メニューを紹介していますので,ぜひご覧ください。

  • 関連ページ
  • 関連ページ

食中毒を予防しよう! 《福山食品衛生協会》

食中毒予防の3原則は,食中毒菌を「つけない」「ふやさない「やっつける」です。まず,食中毒菌をつけないためには,手洗いの励行,調理器具等の殺菌,台所内の整理整とん,ねずみゴキブリ等の駆除です。食中毒菌をふやさないためには,すみやかに調理してはやめ食べたり,10度以下で冷蔵,―15度以下で冷凍することが必要です。食中毒菌をやっつけるには,中心温度75度で1分以上の十分な加熱が必要です。

アンケート

健康ふくやま21フェスティバル2021Web開催について,アンケートにご協力をよろしくお願いします。

アンケートはこちらよご協力をお願いします。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)