ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 事業者の皆さまへ(受動喫煙防止について)

本文

事業者の皆さまへ(受動喫煙防止について)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

なくそう!望まない受動喫煙。~マナーからルールへ~

 

 2020年(令和2年)4月1日から健康増進法の一部を改正する法律により,飲食店を含む多くの人が利用する様々な施設において,原則屋内禁煙となり,喫煙を可能にするには喫煙室の設置等の対応が必要となっています。

 加えて,その運用に関しても様々なルールの遵守が必要となり,違反者には罰則の適用が課されることがあります。法令に基づき,それぞれ適切に御対応ください。

改正健康増進法についてはこちら

 

喫煙可能室設置施設届出書の提出について

 2020年(令和2年)3月31日までに営業許可を受けている飲食店等のうち,既存特定飲食提供施設の条件(※)を全て満たし,施設に喫煙室があることを示す各標識を掲示する場合には,経過措置として,喫煙可能室(喫煙しながら飲食可能)の設置を可能としています。

 その場合には「喫煙可能室」を設置しているものとして,届出が必要となりますので,下記の『喫煙可能室設置施設届出書』を記入の上,福山市保健部健康推進課に提出してください。

 2020年4月1日以降に営業許可を受けた飲食店等は原則,屋内禁煙(届出は不要)となります。喫煙専用室ならびに加熱式たばこ専用室の設置も可能です。

事業者のみなさんへ [PDFファイル/1.09MB]

(※) 既存特定飲食提供施設の条件
(1) 資本又は出資の総額が5,000万円以下である。
(2) (1)の大規模会社が発行済株式又は出資の総数又は総額の2分の1を有していない。
(3) 大規模会社が発行済株式又は出資の総数又は総額の3分の2を有していない。((2)を除く。)
(4) 客席面積が100平方メートル以下である。(複数階や複数個室等での客席を有する場合はその合計)

喫煙可能室設置施設届出書 [PDFファイル/81KB]

喫煙可能室設置施設届出書 [Wordファイル/47KB]

喫煙可能室設置施設届出書(記入例) [PDFファイル/124KB]

電子申請はこちら → 喫煙可能室設置施設届出書

 

喫煙可能室を設置する場合は,施設に喫煙室があることを示す各標識を掲示する必要があります。

標識の一覧(厚生労働省のページへ)

 

喫煙可能室設置施設 変更届出書 [PDFファイル/86KB]

喫煙可能室設置施設 変更届出書 [Wordファイル/49KB]

電子申請はこちら → 喫煙可能室設置施設 変更届出書

 

喫煙可能室設置施設 廃止届出書 [PDFファイル/85KB]

喫煙可能室設置施設 廃止届出書 [Wordファイル/48KB]

電子申請はこちら → 喫煙可能室設置施設 廃止届出書

 

屋外への灰皿設置に係る受動喫煙への配慮について

 2022年(令和4年)4月1日から一部改正した「福山市空き缶等の散乱防止等及び環境美化に関する条例」を施行します。今回の改正により,市民は市内全域で路上喫煙をしないよう努めることとし,特に福山駅周辺部では「路上喫煙制限区域」を設けることとしています。

 受動喫煙防止の観点をふまえて取組を推進していくにあたり,施設の屋外に設置された灰皿で喫煙する人の煙が,通行人の方へ望まない受動喫煙を生じさせる心配があります。

 事業者の皆さまには,通行人に受動喫煙が生じる場所での灰皿は置かないか,設置する場合においては人通りの少ない場所にするなど,ご配慮をお願いします。

路上喫煙制限区域はこちら

望まない受動喫煙の防止について

 改正健康増進法では,屋外など喫煙が禁じられていない場所でたばこを吸うときも,まわりの人に煙を吸わせないよう配慮しなければならないとされています。

 また,施設管理者には,喫煙場所を設置する場合に,「周囲に望まない受動喫煙を生じさせることがない場所とするよう配慮すること」が義務付けられています。

 ご協力をお願いします。

 

 関連ページ

受動喫煙防止対策について

福山市環境美化条例改正のお知らせ

受動喫煙の防止~イエローグリーンリボン運動~

福山市子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)