ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企画政策課 > 市内4大学合同ソフトバンク株式会社特別講義を開催しました

本文

市内4大学合同ソフトバンク株式会社特別講義を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月21日更新

10月9日から11月3日までの約1か月間にわたり,ソフトバンク株式会社が福山市内の4大学を対象とした特別講義を実施しました。

約60名の学生が参加し,ソフトバンク株式会社ならではの先端テクノロジーや課題解決の手法を学びました。
グループワークでは,与えられた福山市の地域課題に対して,学生自身がテクノロジーを活用した解決策を考えました。また,各チームにメンター(助言者)として参加したソフトバンク株式会社の社員の方から,アドバイスやサポートを受けることで,ソフトバンク流の仕事を体感しました。
講義最終日に行ったプレゼン大会では,学生自身が考えた福山市の地域課題に対する解決策を発表しました。

学生にとって,普段の大学の講義とは違う,新しい学びが得られた1か月となりました。

講義風景

参加大学

・福山大学
・福山平成大学
・福山市立大学
・福山職業能力開発短期大学校

テーマ

「福山市の10年後は○○!!」
デジタル技術を活用した地域づくり
~誰もが地域で生き生きと,便利で快適に暮らし続けるためには~

講義概要

1 キックオフ
  講義趣旨やカリキュラムの説明 など

2 動画コンテンツ受講
  先端テクノロジーの紹介,プレゼン研修 など

3 グループワーク(1回目)
  デザインシンキング習得,解決策提案に向けたグループワーク など

4 グループワーク(2回目)
  ソフトバンク株式会社福山事業所見学,発表作成資料作成,プレゼン練習 など

5 プレゼン大会
  各チーム発表,審査,講評,表彰式 など

参加学生の感想

「ソフトバンク流のアイディア発想力やプレゼン資料作成が学べたり,実際に社員さんと交流できたりと,貴重な経験をすることができました」

「プレゼン大会では,他大学の発表を聞いて,刺激を受けました」

「講義を受けて,テクノロジーに対する興味・関心が高まりました」

「来年度も講義を実施するのであれば,後輩に受講を薦めたいと思いました」

「メンターの方に,自分達の足りないことを教えてもらい,スキルアップにつながりました」

「この講義を通して,多くの学びを得ることができ,自分自身,成長できました」

 

※ 本講義は,ソフトバンク株式会社と福山市との連携協定に基づく取組の一環として実施しております。