ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 危機管理防災課 > 福山市洪水ハザードマップを更新しました

本文

福山市洪水ハザードマップを更新しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月11日更新

福山市洪水ハザードマップの更新について

 2015年の水防法改正に伴い,浸水想定の前提となる降雨量が,従来の河川整備の基本である「計画規模降雨」から,「想定最大規模降雨」に見直されたことから,河川管理者である国・県では,新たな洪水浸水想定区域図を作成しています。 

 これに伴い,本市では,国・県の新たな洪水浸水想定区域図を基に,2009年に作成した福山市洪水ハザードマップを更新しました。

 ハザードマップにより自宅付近の危険な状況を確認し,必要な避難行動や避難場所,避難経路,非常持ち出し品などを確認しておきましょう。

2021年(令和3年)2月改訂 福山市

※ 想定最大規模降雨・・・想定しうる最大規模の降雨で発生確率は,1,000年に1度以上

                                       芦田川の場合 24時間総雨量:572mm

※ 今後,分割した拡大版を掲載予定です。​

北部版

【北部版】地図面 [PDFファイル]

【北部版】情報面 [PDFファイル]

南部版

【南部版】地図面 [PDFファイル] 

【南部版】情報面 [PDFファイル]

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)