ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 公園緑地課 > 市の木「クスノキ」の夏期落葉について

本文

市の木「クスノキ」の夏期落葉について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月26日更新

クスノキは常緑樹です。通常は春先に古い葉を落とし新しい葉と入れ替わります。

ところが,この夏は季節外れの異常な落葉が市内各所で報告されています。原因は「クスノキ」の葉を吸汁し葉柄に卵を産む「クスベニヒラタカスミカメ」というカメムシの仲間(外来種)によるものです。被害にあった葉は写真のような褐色斑点が見られます。

市としても試験的に薬剤散布を行うほか,清掃も行っていますが,市内だけで約7,500本(内クスノキは約2,500本)もの街路樹があり,異常な落葉が続いているため,対応が追いつかない状況で,皆さまのご協力が不可欠です。

樹木が枯れることはなく異常落葉も秋には収束するものと思われます。
沿道の皆さまにはご迷惑をおかけしますが,引き続きご理解ご協力よろしくお願いいたします。

クスノキの葉

被害を受けたクスノキの葉