ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 港湾河川課 > 鞆地区道路港湾整備事業における2007年度市議会の動き

本文

鞆地区道路港湾整備事業における2007年度市議会の動き

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月7日更新

2007年9月議会

鞆地区道路港湾整備事業について,地元団体から早期実現に関する請願書が市議会議長宛てに提出されました。
市議会では,事業の必要性と大多数の地元住民の切なる願いを受け止め,賛成多数で採択されました。

請願の概要

提出団体
鞆地区道路港湾整備事業早期実現期成同盟会

請願要旨
「鞆地区道路港湾整備事業は鞆町住民の悲願です。鞆町の再生と活性化のため,一日も早い着工と重点的投資による早期完成をしてください。」

採択
2007年(平成19年)9月18日

添付された署名(提出団体発表による)
鞆町住民(20歳以上)  4,105人 (1,754戸)
鞆町内の事業所     76事業所 (1,020人)

議決証明と請願書[PDFファイル/234KB]

2007年12月議会

鞆地区道路港湾整備事業について,埋め立てを免許する広島県知事から地元市長として福山市長に埋め立てについての意見照会がありました。このため,市議会に議案提出し,可決されました。(これは,公有水面埋立法に定められた手続きです。)

議案内容
埋め立てについて異議がない旨意見を述べる。

議決
2007年(平成19年)12月21日

なお,この議決を受けて,12月28日,福山市長は広島県知事に対し,公有水面埋立について異議のない旨回答しました。

議決証明[PDFファイル/403KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)