ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 港湾河川課 > 国際記念物遺跡会議(イコモス)決議文

本文

国際記念物遺跡会議(イコモス)決議文

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月7日更新

イコモスより『福山市・鞆の浦の保存を求める決議』が採択

2005年(平成17年)10月21日,イコモス(ICOMOS=国際記念物遺跡会議)は,第15回総会で,福山市・鞆の浦の保存を求める決議がされました。その内容は次のとおりです。


-ICOMOS 総会決議文の原文-

  9.Tomo-no-Ura, Japan

Proposed by: International Scientific Committee on Vernacular Architecture

The 15th General Assembly of the International Council on Monuments and Sites, meeting in Xian, China, 21 October 2005, and acting upon the advice of the International Committee on Vernacular Architecture and ICOMOS Japan, hereby resolves that:

Considering that the town of Tomo-no-Ura, Japan, is recognized as a place of exceptional significance as a historic port town with temples of the fifteenth century, merchant houses and streetscapes of the eighteenth century stone harbour facilities, and a relationship with the sea which has been long recognized as exceptionally beautiful.

Considering that the people of Tomo-no-Ura are congratulated upon their efforts to preserve the town and to restore its buildings:

Considering that the proposal to build a road bridge across the harbour would destroy the essential quality of the town, and must not proceed.

The 15th General Assembly of ICOMOS, meeting in Xian, China in October, 2005 resolves to:

・Demand that the national government of Japan and the local government authorities are called upon to abandon the road bridge proposal, and to develop alternative traffic measures. They are further called upon to support and assist in the conservation and restoration of the buildings in the town.

-上記の和訳-

9.鞆の浦、日本

提案:各国建造物に関する国際自然環境委員会

 国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の第15回総会 -2005年10月21日に西安にて開催され、各国記念物に関する国際自然環境委員会およびICOMOS日本の提言に基づいて活動- は、ここに下記を決議する。

 日本の「鞆の浦」の町が、15世紀の寺社、18世紀の街並み、石造りの港湾設備から稀に見る意義深い歴史的な港町であり、そして長い間稀有の美しさを称えられてきた海との関係がある町と認識されることを考慮し、また、「鞆の浦」の人々が町を保存し、建造物を修復してきた努力が賞賛されるべきであることを考慮し、さらに、港を跨ぐ道路橋建設の提案が町の本質的な価値を破壊するであろうと考えられ、推進してはならないことをも考慮して、2005年10月に中国、西安で開催された国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の第15回総会は、下記を決議する。

○日本政府 および 地方自治体は、道路橋の提案を放棄するよう求められるとともに、代替となる交通手段を展開すべきであることを要求する。さらに、日本政府 および 地方自治体に対し、町の保存や建造物の復旧に協力・支援することを求めるものである。


※イコモス(ICOMOS=International Council on Monuments and Sites=国際記念物遺跡会議)
ユネスコの諮問機関で,文化遺産の保存修復に関する研究を行う非政府組織(NGO)。「世界遺産」候補地の調査・評価などの活動を行っている。