ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 納税課 > 公売参加申込者および入札者に損害などが発生した場合

本文

公売参加申込者および入札者に損害などが発生した場合

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月17日更新

 公売参加申込者および入札者(以下「入札者など」)に損害などが発生した場合については,次のとおりです。

1.公売が中止になったことにより,入札者などに損害が発生した場合,福山市は損害の種類・程度にかかわらず責任を負いません。

2.Yahoo!官公庁オークション内「福山市インターネット公売システム」の不具合により,入札者などに損害が発生した場合,福山市は損害の種類・程度にかかわらず責任を負いません。

3.入札者などの使用する機器およびネットワークなどの不備,不調,その他の理由により,公売参加申し込み,または,入札に参加できない事態が生じた場合においても,福山市は代替手段を提供せず,それに起因して生じた損害について責任を負いません。

4.公売に参加したことにより,入札者などが使用する機器およびネットワークなどに不備,不調の損害が発生した場合,福山市は損害の種類・程度にかかわらず責任を負いません。

5.入札者などが公売保証金を自己名義(法人の場合は法人代表者名義)のクレジットカードで納付する場合,クレジットカード決裁システムの不備により,公売保証金の納付ができず公売参加申込みができない事態が発生し,それに起因して生じた損害について,福山市は損害の種類・程度にかかわらず責任を負いません。

6.入札者などが発信または受信するデータが不正アクセスおよび改変などを受け,公売参加続行が不可能となる被害を受けた場合,その被害の種類・程度にかかわらず,福山市は責任を負いません。

7.入札者などが,自身の「Yahoo!JAPAN ID」およびパスワードなどを紛失もしくは,第三者に漏えいするなどの被害を受けた場合,その被害の種類・程度にかかわらず福山市は責任を負いません。