ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 産業振興課 > 1月9日からの「まん延防止等重点措置」の適用に伴う営業時間短縮等の要請について

本文

1月9日からの「まん延防止等重点措置」の適用に伴う営業時間短縮等の要請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月7日更新

 本市は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、広島県からまん延防止等重点措置区域に定められました。それに伴い,飲食店・大規模施設に営業時間短縮等の要請がされています。

内容については、1月7日広島県知事会見資料をご覧ください。 [PDFファイル]

飲食店の皆さまへ

〇要請内容 ※積極ガード店ゴールド認証店(第三者認証店)かどうかに関わらず

・飲食店等における営業時間の短縮(5時~20時まで)

・酒類の提供を行わないこと(利用者による持ち込みを含む)

・同一グループの同一テーブルへの入店は4人以内とすること

〇施設の種類

・食品衛生法上における飲食店の営業許可を受けている店舗
 (結婚式場,居酒屋,バー,カラオケボックス等を含む。)

・通常の閉店時間が20時以降の飲食店

※宅配・テイクアウトサービスは除く

〇期間

2022年(令和4年)1月9日(日曜日)~同年1月31日(月曜日)

〇協力金

・希望者には,早期給付を実施

 
中小企業 大企業 
3.0~10.0万円/日 最大20万円/日

※やむを得ない事情により1月9日に間に合わない場合でも,1月11日までに協力を開始し,すべての期間において協力すること。

○詳細は,広島県ホームページをご覧下さい。

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/covid19-support.html

 

〇問い合わせ先

広島県協力支援金センター
電話番号:082-248-6851

 

大規模な集客施設の皆さまへ

〇要請内容

・入場をする者の整理等

・入場をする者に対するマスクの着用の周知

・感染防止措置を実施しない者の入場の禁止

・会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置
 (飛沫を遮ることができる板等の設置又は利用者の適切な距離の確保等)

・施設内での飲食につながる酒類提供(利用者による酒類の持ち込みを含む。)の自粛

※食品衛生法の飲食店営業許可を受けている施設は,上記1の要請に従うこと

〇施設の種類

大規模な集客施設(多数の者が利用する1,000平方メートル超の施設)

〇期間

2022年(令和4年)1月9日(日曜日)~同年1月31日(月曜日)

〇協力金

なし

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)