ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > > 食品衛生 > 食品中の放射性物質の基準に係る経過措置の一部が終了しました
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・仕事の情報 > 事業・営業の許認可 > 食品衛生 > 食品中の放射性物質の基準に係る経過措置の一部が終了しました

本文

食品中の放射性物質の基準に係る経過措置の一部が終了しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月4日更新

 食品中の放射性物質の基準値については,暫定規制値に替わる新たな基準値が定められ,本年4月1日より施行されています。
 これに伴い,流通に混乱が起きないよう準備期間が必要な食品については,経過措置が設けられ,経過措置期間中においては,暫定規制値が適用されています。
 この度,経過措置品目のうち,米,牛の筋肉,脂肪,肝臓,腎臓及び食用に供される部分(筋肉,脂肪,肝臓及び腎臓を除く。)並びにこれらを原材料として製造され,加工され,または輸入される食品(ただし,平成24年9月30日までに製造され,加工され,または輸入された食品を除く。)については,平成24年9月30日をもって経過措置期間が終了し,平成24年10月1日以降は,新たな基準値(100Bq/kg)が適用されました。
 詳しくは,次の資料をご覧ください。

PDFファイル 経過措置の設定について
リンク(食品中の放射性物質に係る基準値の設定についてに関するQ&A)食品中の放射性物質に係る基準値の設定についてに関するQ&A

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)