ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > > 食品衛生 > 豚レバーは,よく加熱して食べましょう!
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・仕事の情報 > 事業・営業の許認可 > 食品衛生 > 豚レバーは,よく加熱して食べましょう!

本文

豚レバーは,よく加熱して食べましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月17日更新

牛を含めた獣畜及び家きんの内臓については,食中毒の原因となる菌等が付着している可能性があるため,食中毒発生防止の観点から,必要な加熱をして喫食することが必要です。
今般,一部の報道等において,豚レバーを生食用として提供している飲食店があるとされていますが,豚レバーを加熱せず喫食すると,E型肝炎のほか,サルモネラ属菌及びカンピロバクター・ジェジュニ/コリ等の食中毒のリスクがあります。
消費者の皆さんにおかれましては,豚レバーはよく加熱して(加熱されたものを)食べるようにしましょう。

PDFファイル 通知文
リンク(食肉の生食に気をつけましょう)食肉の生食に気をつけましょう

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)