ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 財政課 > 2007年度(平成19年度)福山市の健全化判断比率および資金不足比率について

本文

2007年度(平成19年度)福山市の健全化判断比率および資金不足比率について

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年9月22日更新

 「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が2008年4月に施行され,財政状況の健全性を判断する新しい指標として,健全化判断比率と資金不足比率を算定し,公表することとなりました。
 この法律に基づき算定した平成19年度健全化判断比率および資金不足比率についてお知らせします。
PDFファイル 平成19年度 健全化判断比率および資金不足比率

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)