○福山市職員の名前札の着用に関する訓令

昭和41年5月1日

訓令第8号

(趣旨)

第1条 この訓令は、職員の氏名及び所属機関の識別を容易にし、かつ、職員相互の理解を深め、また、市民のサービスを高めるため、職員の名前札(以下「名前札」という。)の着用について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において「職員」とは、一般職に属する職員をいう。

(一部改正〔平成13年訓令7号〕)

(名前札の貸与)

第3条 職員には、名前札1個を貸与する。

(名前札の型式)

第4条 名前札の型式は、別に定める。

(一部改正〔平成13年訓令7号〕)

(名前札の着用)

第5条 職員は、勤務時間中名前札を着用しなければならない。ただし、出張中その他市長が特に認める業務に従事する職員で、名前札の着用の必要がないと認めた場合は、この限りでない。

2 名前札は、通常、上衣の左胸部の見やすい個所につけなければならない。

(名前札の再貸与)

第6条 職員は、貸与された名前札を亡失し、又はき損したときは、速やかに届け出て再貸与を受けなければならない。

2 前項により名前札の再貸与を受ける場合は、その実費を弁償しなければならない。ただし、特別の事情によりやむを得ないと認められるときは、この限りでない。

(全部改正〔平成13年訓令7号〕)

第7条 名前札は、これを他人に貸与してはならない。

第8条 職員が、退職又は死亡したときは、すみやかに名前札を返納しなければならない。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

(一部改正〔平成13年訓令7号〕)

附 則(平成13年12月27日訓令第7号)

この訓令は、公布の日から施行する。

福山市職員の名前札の着用に関する訓令

昭和41年5月1日 訓令第8号

(平成13年12月27日施行)

体系情報
第5編 事/第3章
沿革情報
昭和41年5月1日 訓令第8号
平成13年12月27日 訓令第7号