○村上カヨ記念基金条例

昭和46年12月17日

条例第69号

(設置及び目的)

第1条 この条例は、村上銀一氏が本市に財産を寄付された趣旨にそい、村上カヨ記念基金(以下「基金」という。)を設置し、その管理益金により善行市民を顕彰し、明るく住みよい地域社会の建設に資し、及び青少年の海外交流を図り、国際親善の促進に資することを目的とする。

(一部改正〔昭和52年条例49号〕)

(基金の額)

第2条 基金の額は、6,300万円とする。

(一部改正〔昭和49年条例20号・97号・50年106号・51年58号・52年49号・53年27号・54年25号・55年44号・56年44号・59年20号〕)

(基金の管理)

第3条 基金は、最も確実かつ有利な方法により管理しなければならない。

2 基金に属する現金は、必要に応じ、最も確実かつ有利な有価証券に代えることができる。

(一部改正〔平成14年条例12号〕)

(管理益金の運用)

第4条 基金から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して第1条の目的を達成するために使用するものとする。

(一部改正〔昭和59年条例20号〕)

(繰替運用)

第5条 市長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。

(追加〔平成14年条例12号〕)

(選考委員会)

第6条 この条例により顕彰されるものの候補者を選考するため、選考委員会を設置する。

(一部改正〔平成14年条例12号〕)

(委任)

第7条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

(一部改正〔平成14年条例12号〕)

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年3月29日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年12月20日条例第97号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和50年12月20日条例第106号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和51年12月20日条例第58号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年12月22日条例第49号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年6月22日条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年6月25日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和55年3月31日条例第44号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年12月21日条例第44号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年3月19日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月26日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

村上カヨ記念基金条例

昭和46年12月17日 条例第69号

(平成14年3月26日施行)

体系情報
第7編 務/第5章 産/第2節
沿革情報
昭和46年12月17日 条例第69号
昭和49年3月29日 条例第20号
昭和49年12月20日 条例第97号
昭和50年12月20日 条例第106号
昭和51年12月20日 条例第58号
昭和52年12月22日 条例第49号
昭和53年6月22日 条例第27号
昭和54年6月25日 条例第25号
昭和55年3月31日 条例第44号
昭和56年12月21日 条例第44号
昭和59年3月19日 条例第20号
平成14年3月26日 条例第12号