○福山市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則

平成24年12月18日

規則第67号

(定義)

第2条 この規則で使用する用語は、条例で使用する用語の例による。

(衛生管理等)

第3条 条例第24条第2項に規定する規則で定める措置は、次に掲げるとおりとする。

(1) 当該養護老人ホームにおける感染症及び食中毒の予防及びまん延の防止のための対策を検討する委員会をおおむね3月に1回以上開催するとともに、その結果について、支援員その他の職員に周知徹底を図ること。

(2) 当該養護老人ホームにおける感染症及び食中毒の予防及びまん延の防止のための指針を整備すること。

(3) 当該養護老人ホームにおいて、支援員その他の職員に対し、感染症及び食中毒の予防及びまん延の防止のための研修を定期的に実施すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、別に市長が定める感染症又は食中毒の発生が疑われる際の対処等に関する手順に沿った対応を行うこと。

(事故発生の防止及び発生時の対応)

第4条 条例第29条第1項に規定する規則で定める措置は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事故が発生した場合の対応、次号に規定する報告の方法等が記載された事故発生の防止のための指針を整備すること。

(2) 事故が発生した場合又はそれに至る危険性がある事態が生じた場合に、当該事実が報告され、その分析を通じた改善策を職員に周知徹底する体制を整備すること。

(3) 事故発生の防止のための委員会及び職員に対する研修を定期的に行うこと。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

福山市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則

平成24年12月18日 規則第67号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成24年12月18日 規則第67号