○福山市上下水道局コンビニエンスストア等収納事務委託規程

平成12年1月26日

水道企業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第33条の2の規定に基づき、福山市上下水道局(以下「局」という。)の業務に係る公金を収納する事務(以下「収納事務」という。)を料金収納代行サービス会社及びコンビニエンスストア(以下「コンビニ等」という。)に委託することについて必要な事項を定めるものとする。

(一部改正〔平成24年企管規程35号〕)

(委託の基準)

第2条 上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)は、コンビニ等が、次の各号のいずれにも該当するときは、収納事務を委託することができる。

(1) 収納事務を委託することにより局の経済性がよりよく発揮され、かつ、住民の便益の増進が確実に期せられる者であること。

(2) 収納事務を十分遂行する意思と能力を有する者であること。

(3) 収納事務を委託した場合において、収納された公金の保管が安全であると認められる者であること。

(一部改正〔平成24年企管規程35号〕)

(委託契約)

第3条 管理者は、収納事務をコンビニ等に委託する場合においては、契約期間、委託内容及びその他の委託に関する必要事項を記載した契約書を作成し、契約を締結するものとする。

(公金の収納方法)

第4条 収納事務の委託を受けたコンビニ等(以下「受託者」という。)は、管理者の発行する納入通知書に基づき、公金を現金で収納しなければならない。ただし、当該納入通知書が次の各号のいずれかに該当するときは、これにより収納することができない。

(1) バーコードのないもの

(2) バーコードの読み取りが不可能なもの

(3) 金額、水道使用者名その他の記載事項が訂正され、改ざんされ、又は不明確なもの

2 受託者は、前項の規定により公金を収納したときは、領収書に領収印を押し、納入者に交付しなければならない。

(公金の払込み方法)

第5条 受託者は、収納した公金を管理者の指定する期日までに、指定する場所に払込まなければならない。

2 受託者は、前項の規定により公金の払込みをするときは報告書を作成し、速やかに管理者に提出しなければならない。

(委任)

第6条 この規程に定めるもののほかこの規程の施行について必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月1日企管規程第35号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

福山市上下水道局コンビニエンスストア等収納事務委託規程

平成12年1月26日 水道企業管理規程第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第13編 上下水道/第4章
沿革情報
平成12年1月26日 水道企業管理規程第1号
平成24年4月1日 企業管理規程第35号