ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

財団について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月18日更新
財団について
rijichou

2011年(平成23年)4月1日,財団法人ふくやま芸術文化振興財団は公益財団法人ふくやま芸術文化振興財団へ移行しました。
当財団は,1987年(昭和62年)にふくやま美術館の管理運営を担う財団法人ふくやま美術振興財団として設立されました。以来,1992年(平成4年)にふくやま芸術文化ホールの開館を視野に入れ発展的に組織,機構を整備し,財団法人ふくやま芸術文化振興財団と名称を変更し,その後,ふくやま文学館,福山城博物館,さらには,ふくやま書道美術館を管理運営の対象として組織を拡大し,福山市,府中市及び神石高原町(以下「広域圏内」といいます。)住民の芸術文化の振興・発展に貢献することを目的に,音楽・舞台芸術,美術,書道,文学,歴史等の芸術文化に関わる諸事業を積極的に展開してまいりました。
今後,当財団は,公益財団法人としての「民による公益の増進」という趣旨をふまえ,広域圏内住民の芸術文化の一層の振興と地域社会の健全な発展に貢献するよう取り組んでまいります。

 

理事長 羽田 皓

■ 目 的
 ふくやま芸術文化振興財団は、芸術文化活動の振興及び交流をはかり、文化の薫りあふれる都市の創造に貢献するために設立されました。
■ 活 動 内 容
 当財団は現在、ふくやま美術館・ふくやま芸術文化ホール・ふくやま文学館・福山城博物館・ふくやま書道美術館・福寿会館の6つの施設を管理運営しています。

■ 定款・財務諸表・事業計画等

 ■ 定款  
   
 ■ 役員名簿  
   
 ■ 事業計画書 
  2011年度
  2012年度
  2013年度
  2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
 ■ 事業報告書 
  2011年度
  2012年度
2013年度
2014年度
 2015年度
2016年度
 ■ 収支決算書 
  2011年度
  2012年度
2013年度
2014年度
 2015年度
2016年度
 ■ 収支予算書 
  2011年度
  2012年度
  2013年度
2014年度
 2015年度
2016年度
2017年度
 ■ 寄付金のお願い
■ 財団役員等の報酬及び費用に関する規程について

 

■ 小中高等学校校長様、美術教諭様
 「ふくやま美術館」、「ふくやま書道美術館」、「ふくやま文学館」、「福山城博物館」の特別展示観覧料(入館料)の免除について。
 小中高等学校の児童・生徒及び引率者が、授業の一環として観覧(入館)する場合で、事前に学校長からの免除申請が提出され承認された場合、特別展の観覧料も免除されます。
 下記の「観覧料(入館料)免除申請書」をダウンロードして記入し、申請してください。
 申請書の提出は観覧(入館)する館へ直接提出(郵送)してください。
      観覧料(入館料)減免申請書

      観覧料(入館料)減免申請書(記入例)
 

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る