ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

財団について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新
財団について
rijichou

 2019年(平成31年)4月1日,福山市,府中市及び神石高原町(以下「広域圏内」といいます。)住民の芸術文化の振興・発展を目的として,公益財団法人ふくやま芸術文化振興財団,公益財団法人福山市かんなべ文化振興会及び公益財団法人福山勤労福祉・文化振興会の3財団が合併し,新たに公益財団法人ふくやま芸術文化財団を設立しました。
 この度の財団合併により,新財団は,ふくやま美術館,ふくやま芸術文化ホール,福山市神辺文化会館,福山市沼隈サンパル,ふくやま書道美術館,ふくやま文学館,福山城博物館,福寿会館,福山市神辺歴史民俗資料館,菅茶山記念館及び福山市ぬまくま文化館を管理運営することになり,これまで積み重ねてきた3財団の経験や成果を継承発展させ,これらの施設における事業を通じて,広域圏内における芸術文化の一層の振興と地域社会のさらなる発展に取り組んでまいります。

 

理事長 羽田 皓

■ 目 的
 芸術文化の振興と交流・発展を目指した諸事業を行うとともに,芸術文化に関する教育普及活動の推進及び市民交流の場の提供等を図り,もって福山市,府中市及び神石高原町住民の芸術文化の振興と地域社会の健全な発展に貢献することを目的とする。
■ 活 動 内 容
 当財団は、ふくやま美術館,ふくやま芸術文化ホール,福山市神辺文化会館,福山市沼隈サンパル,ふくやま書道美術館,ふくやま文学館,福山城博物館,福寿会館,福山市神辺歴史民俗資料館,菅茶山記念館及び福山市ぬまくま文化館の11の施設を管理運営しています。

■ 定款・財務諸表・事業計画等

  ■ 定款   
     
  ■ 役員名簿  
     
  ■ 事業計画書  
    2019年度
     
  ■ 事業報告書  
     
     
  ■ 決算書  
     
     
  ■ 収支予算書  
    2019年度
     
   
  ■ 役員及び評議員の報酬及び費用に関する規程

 

■ 小中高等学校校長様、美術教諭様
 「ふくやま美術館」、「ふくやま書道美術館」、「ふくやま文学館」、「福山城博物館」、「福山市神辺歴史民俗資料館」、「菅茶山記念館」の特別展示観覧料(入館料)の免除について。
 小中高等学校の児童・生徒及び引率者が、授業の一環として観覧(入館)する場合で、事前に学校長からの免除申請が提出され承認された場合、特別展の観覧料も免除されます。
 下記の「観覧料(入館料)免除申請書」をダウンロードして記入し、申請してください。
 申請書の提出は観覧(入館)する館へ直接提出(郵送)してください。
      観覧料(入館料)減免申請書

      観覧料(入館料)減免申請書(記入例)

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る