ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健所総務課 > 知っていますか?緊急時の受診先

知っていますか?緊急時の受診先

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月16日更新

緊急時の受診先

休日・夜間などの急な病気・けがに備えて,日頃から緊急時の受診先情報を収集しておくと役立ちます。

まずは初期救急医療機関へ

本市では,医師会などの協力で夜間診療所や休日当番医などの初期救急医療体制を整えており,急病やけがなどに対して応急的な診療を行っています。

初期救急医療機関の一覧表

かかりつけ医の詳細はこちら

休日診療医療機関の詳細はこちら

福山夜間小児診療所の詳細はこちら

福山夜間成人診療所の詳細はこちら

また,救急医療ネット広島ホームページでは,「今,受診できる医療機関」などの検索ができますので,ご利用ください。

お気に入りに登録すると便利です

初期救急医療機関で対応できない場合

急病時などに対応が可能な医師や施設,設備を有する医療機関として救急告示医療機関があります。
ただし,診療時間外は,原則として救急車による搬送の対応を行っていますので,直接受診する場合は,診察が可能かどうかを事前に電話で確認してください。
医療機関によって,軽症の場合に時間外選定療養費等を徴収される場合があります。

救急告示医療機関の詳細はこちら

 

救急医療の現状

入院などが必要な重症患者を受け入れるための二次救急病院を多くの軽症患者が受診している状況があり,その割合は8割を超えています。

二次救急病院への受診割合

これらの軽症患者の多くは,昼間に忙しくて病気に行けなかった…,常備薬が無くなった…などの理由で二次救急病院を受診している状況もあります。
このような状況が続くと,医療従事者の負担が大きくなり,命の危険がある人への対応が遅れてしまい,救急医療体制の維持に深刻な影響を及ぼします。

軽症の場合は,夜間成人診療所などの初期救急医療機関を利用してください。

 

(参考)福山市の救急医療の体制

患者の状況に応じて,次の3つの体制がとられています。

救急医療体制の図


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る