ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 風しんの追加的対策について 【1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性に対する風しん抗体検査・予防接種】

本文

風しんの追加的対策について 【1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性に対する風しん抗体検査・予防接種】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新

 風しんは,発熱及び発しんを主な症状とし,感染力が強く,飛沫感染により人から人へ感染する疾病です。成人が風しんにかかると症状が重くなることがあります。また,妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと,生まれてくる赤ちゃんの目や耳,心臓に障害が起きることがあります。

 1962年度(昭和37年度)~1979年度(昭和54年度)生まれの男性(以下「対象世代の男性」といいます。)は,公的に風しんの予防接種を受ける機会がなく,女性や他の世代の男性よりも風しんの抗体保有率が低いことが分かっています。

 このため,2019年(平成31年)4月から対象世代の男性に対する風しんの抗体検査・予防接種を実施しています。

 対象世代の男性の皆さまがこれから抗体検査を受け,必要な予防接種を受けると,抗体を持っている人が増え,風しんの流行はなくなると言われています。

 あなた自身と,これから生まれてくる世代の子どもを守るために,風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう。

 なお,風しん含有ワクチンを効率的に使用する観点から,まず,抗体検査を受けていただいたうえで,抗体が無いまたは低いと判定された人に予防接種を受けていただくという制度になっています。
 

  風しん防止リーフレット(表)~ラグビー日本代表~  風しん防止リーフレット(裏)~ラグビー日本代表~

 風しん抗体検査・予防接種リーフレット(表) 風しん抗体検査・予防接種リーフレット(裏)

  風しんの追加的対策に係る動画もあります。(厚生労働省作成)

お知らせ

  1. 2020年3月末で有効期限が過ぎた2019年度(令和元年度)発行の「クーポン券」も,1年間延長して使えます。(2020年4月1日)

 

実施方法

  • 抗体検査・予防接種を無料で受けるためには,「クーポン券」が必要です。
  • そのクーポン券を持って,医療機関・健診機関を受診してください。
  • クーポン券は全国どこでも(福山市以外でも)使用できます。ただし,住民票の住所が福山市外に変わった場合は,福山市が発行したクーポン券は使えません。転出先の自治体でクーポン券を再発行してもらってください。

フロー図(抗体検査・予防接種の流れ)

 

STEP:1 福山市から対象者へ順次クーポン券が届く

 【制度の対象者:1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性】

クーポン券の送付について

2020年度

  • 一斉送付対象者:1962年(昭和37年)4月2日~1972年(昭和47年)4月1日生まれの男性
  • 送付時期:2020年3月末(届くのは4月初め)

2019年度

  • 一斉送付対象者:1972年(昭和47年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性
  • 送付時期:2019年5月末(届くのは6月初め)

一斉送付以外にも

  • 福山市に転入された対象世代の男性には,転入後に順次クーポン券をお送りしています。
  • 対象世代の男性の方で,クーポン券を紛失した・転入後まだクーポン券が届かず早めに欲しい等の場合には,個別にクーポン券を発行しますので,保健予防課にお問い合わせください。(通常,発行申請から1週間~10日で届きます。)

 

STEP:2 風しんの抗体検査を受ける

「クーポン券」と「本人確認書類」を持って実施機関に行きましょう。

  • 検査は,健康診断等か,対象の医療機関で採血して行います。結果が分かるまでに数日かかる場合があります。
  • 詳しくは次のPDFファイルをご覧ください。

   風しんの抗体検査実施フロー [PDFファイル/514KB]

 

STEP:3 検査の結果を聞き,抗体が十分無い場合は風しんの予防接種を受ける

 検査の結果,抗体が十分無い場合は,「クーポン券」「本人確認書類」「抗体検査の結果がわかるもの」を持って予防接種を受けましょう。

  • 検査結果は,検査を受けたところで確認してください。(健康診断の結果とともに通知される,検査を受けた医療機関に問い合わせる等)
  • 抗体検査を受けた後,抗体が無いまたは低いと判断された方は予防接種を受けてください。検査の結果,十分な抗体があった方,予防接種は不要です。
  • 抗体の判断基準については,次のPDFファイルをご覧ください。

   風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準 [PDFファイル/396KB]

  ※抗体検査の結果が,検査方法(測定キット名)ごとに定められた数値に該当する場合のみ
   予防接種の対象となります。

 

実施機関

福山市内

 福山市内の実施機関一覧 [PDFファイル/303KB]
 ※2020年(令和2年)4月1日時点の情報。随時更新予定。

全国

 全国の実施機関一覧(厚生労働省HP)
 ※スクロールして中ほどをご覧ください。
 ※「風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関」として都道府県別に一覧があります。

 

クーポン券が届く前に受けた風しんの抗体検査・予防接種について

 クーポン券がお手元に届く前に抗体検査・予防接種を受け,その費用を医療機関・健診機関に支払っている場合は,その費用を還付します(還付金額に上限があります。)。
 なお,還付の対象となるのは,2019年(平成31年)4月1日以降に受けた抗体検査・予防接種です。

 還付の方法は次のとおりです。

 【説明書】

 【申請様式】

 【還付手続きに必要なもの】

  • 福山市緊急風しん抗体検査費及び予防接種費支給申請書兼請求書
  • 抗体検査及び予防接種を受けたことがわかる領収書の原本
  • 抗体検査の結果がわかる書類のコピー
  • 風しんに係る予防接種を受けたことがわかる予防接種済証等のコピー ※予防接種を受けた場合のみ
  • 預金通帳等のコピー(金融機関名,開設店名,口座番号,口座名義人が記載されたページ)
     

医療機関・健診機関の皆さまへ

 福山市から対象世代の男性にクーポン券を送付する際,抗体検査受診票および予防接種予診票は同封していません。

 抗体検査受診票および予防接種予診票は,医療機関・健診機関において,厚生労働省ホームページからダウンロード・印刷してください。

 事務処理の手引き等は,厚生労働省のホームページに掲載されています。ご参照ください。

各種様式(請求関係書類含む)

 

ワクチンについて

  • 予防接種に使用するワクチンは,原則MRワクチンとなります。
  • ワクチンについては,各実施機関(医療機関等)において準備(購入)してください。

 

福山市の単価について

 福山市民に対して抗体検査・予防接種を実施した場合の

 実施機関から国民健康保険団体連合会(国保連)へ請求していただく金額です。

抗体検査

風しん抗体検査の単価(全国統一単価) ※2019年度と2020年度で変更ありません
  HI法,LTI法

EIA法,ELFA法,CLEIA法,
FIA法,CLIA法

健診等の機会に行う場合 1,290円
(税抜1,419円)
2,680円
(税抜2,948円)

月~金曜日午前8時から午後6時までの間,
または土曜日午前8時から正午までの間に
医療機関を受診して行う場合(休日を除く)

4,930円
(税抜5,423円)
,320円
(税抜6,952円)
上記以外の時間に医療機関を受診して行う場合 5,430円
(税抜5,973円)
6,820円
(税抜7,502円)

 

予防接種(MRワクチン)

 〇2020年度(令和2年度)実施分

  • 予防接種予診のみ(税抜)2,880円
  • 予防接種(税抜)    8,730円

 〇2019年度(令和元年度)実施分

  • 予防接種予診のみ(税抜)2,819円
  • 予防接種(税抜)    8,575円

 

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)