ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 水痘(みずぼうそう)について

水痘(みずぼうそう)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月8日更新

水痘(みずぼうそう)とは

 水痘帯状疱疹ウイルスによる発疹性の感染症です。
 主に小児がかかる感染症で,9歳以下での発症が90%以上を占めると言われています。
 例年,10月下旬頃から患者数の増加が始まり,年末にピークを迎えます。その後は減少していきますが,7月中旬頃までは患者の発生が見られます。

症状

 潜伏期間は2週間程度と言われています。
 典型的な症例では,発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり,丘疹(紅斑が盛り上がってくること),水疱,膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱のこと)を経て痂皮化(かさぶたになること)します。急性期には,紅斑,丘疹,水疱,膿疱,痂皮が混在します。発疹は全身に現れます。
 その他の症状として,倦怠感,かゆみ,発熱が見られることがありますが,一般的には予後は良好とされています。
 成人での水痘も稀に見られます。成人が水痘を発症した場合,重症化しやすいと言われています。

感染経路

 空気感染,飛沫感染,接触感染により感染します。
 なお,患者からのウイルスの排出期間は,発疹出現から水疱が現れている期間とされています。

予防方法

  • 流水とせっけんによる「手洗い」と「うがい」をしましょう。
  • 患者との接触を避けましょう。
  • 水痘の予防には,予防接種が効果的です。なお,生後12か月から36か月に至るまでの小児については,水痘の予防接種が定期接種化されています。詳しくは「福山市の乳幼児等定期予防接種」をご覧ください。

関連情報

  福山市内の感染症発生状況
  水痘(厚生労働省ホームページ) 
  水痘とは(国立感染症研究所ホームページ)  
  水痘(広島県ホームページ)