ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民税課 > 寄附金控除について

寄附金控除について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月1日更新

寄附金控除の対象

  1. 都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)
  2. 広島県共同募金会・日本赤十字社支部のうち総務大臣が承認するものに対する寄附金
  3. 所得税法等に規定される寄附金控除の対象のうち,福山市税条例で定めた,福山市内に事務所または事業所を有する法人または団体(学校法人,社会福祉法人など)に対する寄附金

リンク(寄附金税額控除の対象となる法人一覧はこちら)寄附金税額控除の対象となる法人一覧はこちら

寄附金控除額の計算

A 基本控除額…寄附金から2千円を引いた額の10%

 ※ここで言う寄附金とは,次のうちいずれか低い方の金額を言います。
  (1)上記寄附金控除の対象1,2,3に対する寄附金の合計額
  (2)総所得金額等の合計額の30%

計算方法市民税と県民税の割合

 (寄附金-2,000円)×10% 

 ※2,000円が適用下限額

  市民税6%・県民税4%

B 特例控除額…都道府県・市区町村に対する寄附金から2千円を引いた額から,基本控除額及び所得税軽減分を引いた額

計算方法

市民税と県民税の割合

 (都道府県・市区町村に対する寄附金-2,000円)×{90%-(0~45%の所得税の税率)×1.021}

2,000円→適用下限額
※1個人住民税の所得割額(調整控除後)の20%が上限となります。

市民税 5分の3
県民税 5分の2

都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)のみ,Bの特例控除額が加算されます。

2013年から2037年まで復興特別所得税が加算されることに伴い,所得税で寄附金控除の適用を受けた場合には,所得税額を課税標準とする復興特別所得税額分も軽減されることになります。そのため,「ふるさと寄附金」に係る個人市・県民税の寄附金税額控除については,復興特別所得税(2.1%)分に対応する率を減ずる調整が行われます。

※1平成27年度までは10%となります。また,課税総所得金額が無い方,もしくは課税総所得金額から人的控除の差の合計額を差し引いた額が0円を下回る方で,分離課税に係る譲渡所得等がある方は,平成28年度以降も10%となります。

寄附金控除の申告について

寄附金控除の適用を受けるための市・県民税の申告については,市民税課(直通 084-928-1020)へお問い合わせください。申告の際には1月1日から12月31日までの1年間の寄附金の領収書を添付してください。

 なお,所得税の確定申告をする必要がある方は,市・県民税の申告をしていただく必要はありません。

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の創設

 確定申告が不要な給与所得者や年金所得者がふるさと納税を行った場合の寄附金控除手続きの簡略化のため,確定申告を行わなくても寄附金控除が適用されるしくみ「ふるさと納税ワンストップ特例」が創設されました。

 対象は,2015年(平成27年)4月1日以後に行うふるさと寄附金(ふるさと納税)で,特例の適用には,寄附を行う際に,各寄附先の自治体に特例適用の申請書を提出していだく必要があり,寄附先の自治体数が5団体以内であることが条件となります。
ワンストップ特例

「ふるさと納税ワンストップ特例」の適用を受ける場合は,所得税からの控除は発生せず,寄附をした年の翌年に課税される個人住民税から減額という形で控除されます。

申請書を提出されている方でも,次に該当する方は適用対象外となります。

1 5団体を超える自治体へふるさと納税をした人

2 確定申告書,住民税申告書を提出した人

3 寄附した年分の確定申告義務がある人

4 申告特例申請書に記載の住所と,寄附した年分の1月1日の住所が異なる人のうち,1月10日までに,ふるさと納税先自治体に変更の届けを提出していない人

※確定申告書,または住民税申告書を提出される人で,寄附金控除を受ける場合は,申告書に寄附金控除をうけるすべての寄附金(ふるさと納税分も含む)を記載してください

関連リンク

法人の方へ


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る