ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

償却資産について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月28日更新

償却資産の申告について

 福山市内に償却資産を所有されている方は,地方税法第383条の規定に基づき,賦課期日(毎年1月1日)現在お持ちの資産を1月31日(法定申告期限)までに申告していただくことになります。

 申告についてのリーフレットはこちら
 広島県総務局税務課発行「償却資産(固定資産税)の申告はお済みですか?」 [PDFファイル/1.05MB]]

個人番号または法人番号の記載について

 2016年度(平成28年度)から,償却資産の申告書へ「3 個人番号または法人番号」の欄が新たに設けられ,個人番号または法人番号の記載が必要になります。個人事業主の方は12桁の個人番号を,法人は13桁の法人番号をそれぞれ記載してください。個人番号を記載する場合には左側を1文字空けて記載してください。

償却資産申告書などの各様式ダウンロードはこちら

※上記ファイル等を活用して申告される際,一般的なメールソフト(Windows Liveメール等)での申告は受け付けていません。 必ず出力して,直接窓口に提出していただくか,郵送またはエルタックスによる申告をお願いします。

償却資産とは

 償却資産とは土地,家屋以外の事業の用に供することができる有形固定資産で,おおむね次の資産をいいます。

  1. 税務会計上,減価償却の対象となるべき資産
  2. 建設仮勘定に経理されている資産であっても,賦課期日(毎年1月1日)現在において事業の用に供することができる資産
  3. 簿外資産及び償却済資産であっても,事業の用に供することができる状態にある資産
  4. 租税特別措置法第67条の5の適用を受けた30万円未満の少額資産

 課税対象となる資産を種類別に分類すれば,次のようになります。

種類
番号

資 産 種 類

対  象  と  な  る  資 産

1

構 築 物

建物
建物附属設備

プレハブ等の簡易な建物で家屋評価としないもの
建築設備のうち償却資産に該当するもの〔手引き2頁(1)参照〕
賃貸ビル等の家屋に附加された内装と附帯設備〔手引き2頁(2)参照〕

構築物

門,塀,舗装路面,緑化施設,広告塔,外灯

2

機械及び装置

旋盤,溶接機等の製造加工機械,土木建設機械,ク レーン,印刷機械,クリーニング設備,事業用駐車場の駐車機械設備等

3

船舶

ボート,漁船,客船,貨物船,工作船等

4

航空機

飛行機,ヘリコプター等

5

車両及び運搬具

登録番号が900(99)及び000(00)の大型特殊自動車(フォークリフト等)
 *自動車税や軽自動車税が課税されるものは該当しません。

6

工具・器具及び備品

机,椅子,ロッカー,応接セット,厨房用品,カーテン,テレビその他の音響機器,電話,放送機器,複写機,レジスター,看板,ネオンサイン,医療機器,理・美容機器,自動販売機,冷暖房機,パソコン等

 次の資産は課税の対象となりませんので,申告する必要はありません。

  (1) 牛,馬,果樹,その他の生物(法人税法施行令第十三第九号に該当するもの)

  (2) 無形減価償却資産(特許権,実用新案権,電話加入権,ソフトウエア等)

  (3) 繰延資産

  (4) 自動車税,軽自動車税の対象となる車両

  (5) 1998年(平成10年)4月1日以後開始の事業年度に取得した償却資産で,

  • 耐用年数が1年未満または取得価額が10万円未満の償却資産について,税務会計上固定資産として計上しないもの
  • 取得価額が20万円未満の償却資産を,税務会計上3年間で一括償却しているもの

償却資産の評価方法

実地調査についてご協力をお願いします

 福山市では,固定資産税(償却資産)の申告書をもとに,地方税法第408条に基づき実地調査を順次行っています。その際にはご協力をお願いいたします。

  また,調査の実施に伴い,追加申告をお願いすることがあります。この場合の課税は,現年度だけでなく,取得年次に応じて過年度に遡ってお願いすることがありますので,あらかじめご承知おきください。

インターネットによる電子申告(エルタックス)の受付も行っています

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る