ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま書道美術館 > 予定表 > 年間スケジュール > 夏の所蔵品展II 「所蔵の名品展」

夏の所蔵品展II 「所蔵の名品展」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月11日更新

2014年 夏の所蔵品展II 「所蔵の名品展」

 

ふくやま書道美術館では、2014年7月17日木曜日から8月31日日曜日まで

夏の所蔵品展II 「所蔵の名品展」を開催中です。

夏の所蔵品展2 「所蔵の名品展」ポスター画像

概要

 本展覧会を開催中に、市民ギャラリーで学生による当館所蔵品の臨書展開催します。(8月11日月曜日から8月24日日曜日まで)その臨書展に合わせ、その手本となった原本を含め、日中の書の名品を展示する企画です。
 日本の書では、聖武天皇(しょうむてんのう)、光明皇后(こうみょうこうごう)、紀貫之(きのつらゆき)、藤原公任(ふじわらきんとう)などの書の断簡を貼り込んだ古筆手鑑をはじめ、一休宗純(いっきゅうそうじゅん)、小堀遠州(こぼりえんしゅう)、与謝蕪村(よさぶそん)、慈雲尊者(じうんそんじゃ)などを展示します。
 中国の書では、張瑞図(ちょうずいと)、王鐸(おうたく)、傅山(ふざん)、呉昌碩(ごしょうせき)など明代(1368~1644)末期から清代(1644~1912)末期までの書を展示します。
 日本の古典ならではの優美な仮名、中国本家の漢字。その作品中に使われる楷書、行書、草書、篆書と様々な書体の作品が並び、文字の変化の面白さを味わっていただけます。
また、これに筆・墨・硯などの文房至宝44点を加え、総計74点を展観し、日本と中国の名品を紹介します。

1. 展覧会名

             夏の所蔵品展II 「所蔵の名品展」

2. 会   期    

             2014年7月17日(木)~8月31日(日)   40日間
             休館日:月曜日
            (8月11日は開館、8月27日はエフピコRim休館のため臨時休館)

3. 開館時間

            午前10時~午後7時

4. 会  場

            ふくやま書道美術館 常設特別展示室
            (福山市西町一丁目1番1号)

5. 観覧料    

             一般150円(120円) 高校生以下無料
            ( )内は20名以上の団体料金

6. 展示構成 

                     書    30点            墨    20点
                   硯        5点     筆    10点
                筆筒     2点         水滴     1点        印材     6点

                                         合計 74点

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る