ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま書道美術館 > 予定表 > 年間スケジュール > 三重県立美術館コレクション榊莫山展

三重県立美術館コレクション榊莫山展

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月22日更新

三重県立美術館コレクション 榊莫山展

三重県立美術館コレクション 榊莫山展

概要

  テレビ番組やCMに数多く出演し、またエッセイ等の著作を通して「バクザン先生」の愛称で親しまれた書家・榊莫山(1926‐2010)。
 三重県伊賀市(旧古山村)出身の莫山は、第二次大戦後の奈良で書家・辻本史邑と出会い、本格的に書の道を歩み始めました。1951年(昭和26)とその翌年には日本書芸院展で推薦一席、文部大臣賞を受賞、奎星会展や関西総合美術展でも高い評価を受け、一躍注目を集めます。ところが1957年に師の辻本が死去すると、間もなく所属団体をすべて脱退し、以後は個展を作品の場として作家活動を続けました。
 1982年の両親の死を機に故郷に戻ってからは、2010年に84歳で没するまで、作品制作のかたわら伊賀の山野を歩き、また畑仕事や茶の湯を楽しみながら自然に対する感性を研ぎ澄ませていきます。そのような日々の暮らしから、豊かな自然を題材とした画と素朴な詩が調和した、詩書画一体の莫山芸術が生まれたのです。
 この展覧会では、莫山の没後、三重県立美術館が遺族より寄贈を受けた書画を中心に、今井政之や波多野善蔵ら陶芸家と合作した茶道具など80点余により、莫山芸術の真髄に迫ります。

会期

  2014年9月6日(土)~10月26日(日)  

開館時間

  午前10時~後午7時  
  ※初日はオープニングの為11:20から開館します。

休館日

  月曜日
  ただし、9月15日月曜日、10月13日月曜日は開館、9月16日火曜日、10月14日火曜日は休館

観覧料

  一般800円(600円)高校生以下無料 
  ※( )内は20名以上の団体料金

主催

  (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま書道美術館

  福山市教育委員会、読売新聞社

特別協力

  三重県立美術館

後援

   広島県書美術振興会、福山文化連盟、エフエムふくやま 

関連行事

フロアレクチャー

日 時  9月6日(土)午前11時30分~
講 師  毛利伊知郎氏(三重県立美術館館長)
会 場  ふくやま書道美術館「榊莫山展」会場 ※当日の展覧会観覧券が必要です。

ギャラリートーク

日 時   9月27日(土)後午2時~
      10月19日(日)後午2時~
会 場   ふくやま書道美術館「榊莫山展」会場 ※当日の展覧会観覧券が必要です。

ワークショップ

「バクザン先生にチャレンジ!」
日 時  10月5日(日)後午1時半~後午4時半
講 師  金谷雷聲(書家)
会 場  エフピコRiM地下2階 イコールふくやま大会議室
参加費  1,000円(材料費を含む)
持参物  書道道具(小筆、墨=墨液不可)
定 員  15名
対 象  高校生以上
申込締切 9月21日(日)必着

【申込方法】
往復はがきに住所、氏名、電話番号、年齢を明記のうえ下記まで
お申込み下さい。
〒720-0067 広島県福山市西町一丁目1番1号
  エフピコRiM8階 ふくやま書道美術館
  「バクザン先生にチャレンジ!」係

展覧会ちらし
ちらし表  ちらし裏 
クリックすると拡大されます。 

 

 

 

 

 

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る