ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま書道美術館 > 予定表 > 年間スケジュール > 特別展『没後10年 中室水穂展 -松本コレクションを中心に-』

特別展『没後10年 中室水穂展 -松本コレクションを中心に-』

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月5日更新

没後10年 中室水穂展 -松本コレクションを中心に-

没後10年中室水穂展松本コレクションを中心に チラシ表画像  

概要

   福山市出身の仮名書家、桑田三舟に師事して書の道に進んだ中室水穂(1935年~2005年)は、1962年(昭和37年)の日展初入選以降、入選を重ね、1974年には第1回日本書道美術館展において文部大臣賞を受賞するなど早くから頭角を現しました。やがて良寛や富岡鉄斎に傾倒して「鐵良」と別号し、墨跡調の力強い漢字表現にも取り組むなど、独自の作風を追求していきます。その成果は1964年から毎年のように開催された個展を通して世に問われ、そして1990年の第22回日展出品《みほとけ》で念願の特選に輝きました。晩年は日展審査員を務めたほか、書道笹波会や書道界の要職を歴任し、現代書壇に確かな足跡を残しました。
 本展では、当館が今年新たに寄贈を受けた福山市名誉市民・松本卓臣氏のコレクションを中心に、地元福山に遺された46点余りのかな・漢字作品により中室水穂の創作の軌跡を巡ります。 

会期

  2015年9月19日(土曜日)~10月25日(日曜日)  

開館時間

  午前10時~後午7時  
  ※初日はオープニングの為11時00分から開館します。

休館日

  月曜日
  ただし、9月21日月曜日、10月12日月曜日は開館、9月24日木曜日、10月13日火曜日は休館。 

観覧料

  一般500円(400円)高校生以下無料 
  ※( )内は20名以上の団体料金

主催

  (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま書道美術館

  福山市教育委員会、読売新聞社

後援

   広島県書美術振興会、福山文化連盟、エフエムふくやま 

特別協力

   書道三余会、書道水の会

関連行事

ギャラリートーク

● 日 時  9月19日(土曜日)午前11時10分~
  講 師  中室舟水さん (日展会友)
  会 場  ふくやま書道美術館 ※当日の展覧会観覧券が必要です。

● 日 時  10月4日(日曜日)午前14時00分~
  講 師  田頭一舟さん(日展会員)
  会 場  ふくやま書道美術館 ※当日の展覧会観覧券が必要です。

● 日 時  10月17日(土曜日)午前14時00分~
  講 師  田頭央ガさん(日展準会員)
           ※田頭央ガさんの「ガ」は、「さんずい」に「我」。
  会 場  ふくやま書道美術館 ※当日の展覧会観覧券が必要です。

 

展覧会図録

■内容 
   特別展『没後10年 中室水穂展-松本コレクションを中心に-』の出品作品の中から書作品46点を収録。
    書家・中室水穂の50年にわたる足跡と書行を松本コレクションを中心に掲載。

没後10年 中室水穂展 松本コレクションを中心に 図録表紙

 【中室水穂図録 完売しました。】

展覧会ちらし
ちらし表 チラシ裏 
クリックすると拡大されます。 

 

 

 

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る