ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当制度の概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月26日更新

福山市に転入された方,出生等で児童を養育することになった方は,申請が必要です

出生日・前住所地での転出届に記載した転出予定日の翌日から数えて15日以内に窓口で申請してください。申請が遅れた場合は,さかのぼって支給できません。

年末年始の申請について

2017年(平成29年)12月29日から2018年(平成30年)1月3日までは閉庁となるため,児童手当の申請ができません。12月,1月にお生まれのお子様や市外から転入された方の申請期限については,次のとおりです。申請が遅れると,遅れた月分の手当が受けられなくなりますので,必ず期限内に申請してください。

乳幼児等医療費助成事業は申請期限が異なりますので,次のリンク先をご確認ください。
乳幼児等医療費受給資格申請の期限について

出生日・前住所地での転出届に記載した転出予定日申請期限
2017年(平成29年)12月1日~12月13日2017年(平成29年)12月28日
2017年(平成29年)12月14日~12月20日2018年(平成30年)1月4日
2017年(平成29年)12月21日2018年(平成30年)1月5日
2017年(平成29年12月22日~25日2018年(平成30年)1月9日
2017年(平成29年)12月26日2018年(平成30年)1月10日
2017年(平成29年)12月27日2018年(平成30年)1月11日
2017年(平成29年)12月28日2018年(平成30年)1月12日
2017年(平成29年)12月29日~31日2018年(平成30年)1月15日
2018年(平成30年)1月1日~1月16日2018年(平成30年)1月31日
2018年(平成30年)1月17日以降翌日から数えて15日目

対象者

中学校修了前の児童を養育している人 (公務員の人は勤務先で申請してください。)

※請求者(生計中心者)も,児童も,国内に居住していること(留学の場合を除く)。

※児童が児童福祉施設等へ入所している場合や,里親に委託されている場合は,施設・里親へ支給します。

所得制限限度額

扶養人数

所得制限限度額

収入額(めやす)

0人

622万円

 833.3万円

1人

660万円

 875.6万円

2人

698万円

 917.8万円

3人

736万円

 960.0万円

4人

774万円

1002.1万円

 扶養人数が5人以上の場合は,所得制限限度額は1人につき38万円を加算。

手当月額

所得制限未満の人

所得制限以上の人

0歳~3歳未満(一律)       15,000円

児童1人につき
5,000円

3歳~小学校修了前(第1子・2子)     10,000円
(第3子以降)   15,000円
中学生(一律)       10,000円

※児童は,18歳到達後最初の3月31日までの間にある児童の人数を数えます。

支払い日

6月,10月,2月の各月15日(金融機関が休みの時はその前日)に支給月の前月分までの4か月分をまとめて振り込みます。

※振込通知は行っておりませんので,通帳を記帳してご確認ください。

支給(予定)日支給月分
6月15日2月~5月分
10月15日6月~9月分
2月15日10月~1月分
出生 , 転入等により認定になった人はその認定開始月分からの支給となります。

金融機関が休業日の場合は,その前営業日に支払います。

認定請求の方法

出生・転入等の場合は申請が必要です。

支給要件に該当した日(出生日・前住所地での転出届に記載した転出予定日等)の翌日から数えて15日以内に窓口で申請してください。

児童手当は申請の翌月分から支給します。ただし,支給要件に該当した日が月末に近い場合は,支給要件に該当した日の翌日から数えて15日以内に申請すれば,支給要件に該当した日の翌月分から支給します。

申請が遅れると,手当を受けられない月が発生しますのでご注意ください。

<申請に必要なもの>

・印かん(スタンプ印以外のもの)

・請求者(生計中心者)と配偶者の健康保険証

・請求者名義の預金通帳

・請求者(生計中心者)と配偶者のマイナンバー(個人番号)

 「通知カード」または「個人番号カード」が必要です。

・場合により,住民票,児童のマイナンバーなど

各種届出

次の事由に該当する場合は届出が必要です。

(事由が発生した翌日から数えて15日以内に申請してください。)

◇ 受給者が市外へ転出したとき

福山市での受給資格は消滅します。転出先の市区町村で新たに申請してください。

◇ 受給者が公務員になったとき

各勤務先からの支給となります。すみやかに福山市での受給資格消滅の届出をしてください。

◇児童が増えたとき

出生などにより支給対象の児童が増えたときには申請してください。

◇児童が児童福祉施設等に入退所したとき・児童が里親にあずけられたとき

施設への入退所や,里親のもとから引きとるときには必ず手続きが必要です。

◇ 児童と別居するようになったとき(受給者・児童の住所変更)

児童と別居するようになったときは「住所変更届」の提出が必要です。 別居により児童を養育しなくなったときは , 「支給事由消滅届」または「額改定届」の提出が必要です。

◇ その他の届出     

・名前を変更したとき

・受給者・児童が国外に居住するようになったとき

・金融機関,口座番号を変更するとき

・受給者または児童が死亡したとき

・児童を養育しなくなったとき 

 ◇ 現況届(毎年6月)

6月1日における状況を確認し,引き続き児童手当を受給する要件があるかどうかを審査するためのものです。郵送で現況届をお送りしますので手続きを行ってください。なお,受給者(生計中心者)の判断のため,所得審査は受給者・配偶者ともに行います。審査の結果,配偶者の方が所得が高いと判断される場合は,受給者を変更していただくことになります。

寄附制度について

児童手当制度では,寄附制度を設けています。寄附金は児童・子育て支援事業のために利用されます。関心のある方はお問い合わせください。

申請先

ネウボラ推進課 (市役所7階)

松永,北部,東部,神辺 保健福祉課

内海,沼隈,新市,鞆,芦田,加茂 支所 保健福祉担当

水呑分室,熊野分室,山野分所

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る