ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福山ネウボラについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月3日更新

妊娠から子育ての総合相談窓口(愛称:あのね)を開設しました。お気軽にご相談・連絡ください。


 ネウボラとは,フィンランド語で「アドバイスの場」を意味する総合的な子育て支援制度のことです。
福山市では,妊娠,出産,子育てに関し,切れ目のない支援を行うために,医療・保健・福祉等の相談体制を再構築し,子育てに関する不安や負担を軽減し,安心して子育てができる環境を整備していきます。

福山ネウボラ相談窓口(愛称:あのね) 

 これまで,保健部門や保育部門などに分かれていた相談窓口を一体的にして,2017年6月14日,妊娠・出産・子育てに関する総合相談窓口(子育て世代包括支援センター,愛称:あのね ※)を市内12カ所に開設しました。
 妊娠,出産のこと,からだやこころのこと,子育て,しつけ,教育・保育施設など“妊娠期から子育て期”の『どうしよう?』をお気軽にご相談・連絡ください。
看護師,保育士など専門の相談員が,あなたのお話を伺いながら,一緒に考えていきます。

  ※「なたのネウボラ」として,気軽にお話しに来ていただきたいという思いから,愛称を決定しました。

    福山ネウボラ相談窓口(愛称:あのね)ロゴ

相談窓口一覧表 ・ 位置図 ・ 妊娠から子育てに関する相談例 

  相談窓口一覧表 [PDFファイル/57KB]

  位置図 [PDFファイル/693KB]

  妊娠から子育てに関する相談例 [PDFファイル/250KB]

福山ネウボラ相談窓口 「あのねRiM」 の開設式,相談の様子

  福山市長・県知事による除幕式   福山市長・広島県知事によるじょ除幕式
                        福山市長・広島県知事による除幕式

  「あのねRiM」での相談の様子   「あのねRiM」での相談の様子
                          「あのねRiM」での相談の様子

  「あのねRiM」相談室   「あのねRiM」相談室
                            「あのねRiM」相談室

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)