ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > マイナンバー制度 > 概要 > 通知カード・個人番号カード > マイナンバー(個人番号)の通知カードは廃止されました
概要
事業者向け
安心・安全の仕組み
国の関連ホームページ
外国人向けホームページ(外部サイト)

本文

マイナンバー(個人番号)の通知カードは廃止されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月25日更新

マイナンバー(個人番号)の通知カードに関する手続きが終了しました

 マイナンバー(個人番号)をお知らせするために送付している「通知カード」が、法改正により2020年(令和2年)5月25日(月曜日)に廃止されています。廃止後は、通知カードの取り扱いが変わりますのでご注意ください。

 現在通知カードをお持ちの方は、内容に変更がない場合や正しく変更手続きがとられているものに限り、引き続き使用することができます。通知カードに記載されたマイナンバー(個人番号)は、引き続き使用する番号ですので紛失しないようにご注意ください。

新しくマイナンバー(個人番号)が付番されたとき

 通知カードが廃止された後は、出生などにより新しくマイナンバー(個人番号)が付番されるときには、「個人番号通知書」によりお知らせします。

 個人番号通知書はマイナンバー(個人番号)をお知らせするためのものであり、マイナンバー(個人番号)を証明する書類として使用することはできません。

マイナンバー(個人番号)を証明するには

 通知カードの記載内容に変更があったときは、通知カードをマイナンバー(個人番号)を証明する書類として使用することはできません。マイナンバー(個人番号)カードの提示もしくはマイナンバー(個人番号)の記載された住民票の写し等を取得してください。