ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市老人大学 > 学習内容 > 短期講座【在校生対象】 > 第49期 短期講座が開催されました。

本文

第49期 短期講座が開催されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月8日更新

2019年度(令和元年度) 第49期 短期講座(老大生対象)

ボランティア活動育成集中講座がおこなわれました。

今年は、28名の受講申しこみがありました。

 開講式での学長挨拶

                              7月24日 午前9時45分 1-2教室

  1.  我が国は,若者が少なくなり,高齢者が多くなる少子高齢社会になってきており,行先が不安です。しかし,健康長寿が可能な時代ともなっています。長くなっていく第2の人生を,健康を保ちながら,何をしてどう過ごすかが,大切になってきています。
  2.  老人大学は,高齢者に生涯学習の場を提供することで,自分の趣味・教養を高め,遣り甲斐・生き甲斐を見出して頂いております。
  3. しかし,無理なく社会の役に立つことが出来れば,それは,さらに遣り甲斐・生き甲斐を高めることになると言われております。
  4. このボランティア育成講座は,困った時や状態になったら,気兼ねなく助けてもらえる。同時に,困っている人や状況をあれば,無理なく手助けする。そうした考え方と方法について学んでいただく機会であります。
  5. 今与えられている健康長寿を生かす日々をどのように過ごせば良いか,この講座から学びとられることをご期待申しあげ,開講のご挨拶といたします。

講座の開催状況

開校式 

      【開校式の様子】        

1日目1時間目講師の話 

    「 ボランティアって何? 」

2日目2時間目 

       笑顔で楽しく

聴こえない障害って周りは気がつきにくいんだ

 聴こえないって障害は気がつきにくいんだ!

楽しく作って、自分も夢中! 

   夢中になって作っています。

何が自分にできるかな?

    今から自分が何を始められるかな?

5回の講座を楽しく終えて、次に行動を起こすことのできる活力を手にして帰られました。