ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

阿伏兎観音(あぶとかんのん)

印刷用ページを表示する

阿伏兎観音

阿伏兎岬の突端に建つ臨済宗の寺院

沼隈半島の南端,阿伏兎岬の突端に建つ臨済宗の寺院です。岬の断崖絶壁に建つ朱塗の観音堂は,自然と調和した景観を作り出しています。

阿伏兎観音

観音堂は元亀年間(1570年~1573年)に毛利輝元によって創建され,国の重要文化財に指定されています。

阿伏兎観音

昔から,航海安全,子授け・安産の祈願所として知られており,観音堂の中には壁一面に奉納された「おっぱい絵馬」が並んでいます。

阿伏兎観音


関連サイト▼
(公社)福山観光コンベンション協会HP 

所在地

福山市沼隈町能登原阿伏兎1427-1

連絡先

Tel 084-987-3862

営業時間

8時00分~17時00分

定休日

なし

利用料金

中学生以上100円,小学生以下50円

アクセス

JR福山駅から鞆鉄バスで新川線,松永駅南口から沼南線「阿伏兎観音入口」下車 徒歩15分

駐車場

4台(無料)

トイレ設備

あり(参道)

HP