ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
代替コンテンツ

特別企画展「井伏鱒二の書画」

【会期】 2020年9月18日(金曜日)~11月23日(月曜日・祝日)

【内容】 井伏鱒二は、福山中学校卒業時、画家を目指して京都の橋本関雪に入門を乞いますが、かなわず、文学志望に変更し、早稲田大学に入学します。画家になることは、井伏にとって見果てぬ夢ともいうべきもので、還暦を過ぎてから新本燦根画塾に通ってもいます。
本展は、親交のあった天狗太郎(山本亨介)氏から寄贈された書画をはじめとする井伏の書と絵を展示・紹介します。味わい深く、温かみのある井伏の書画を楽しんでください。

◇同時開催◇
【書いて味わう井伏文学】 協力:福山文化連盟書道部

地元福山の書道愛好家の方々に、井伏文学の中にある印象的な詩句・文言を自由に選んで色紙に書いていただきました。

相原雨雪、大田桂水、開原桂、金川洋臣、倉田美影、櫻井麗水、大楽悠雪、高垣琴紅、皷芳石、天満雨丘、土居荒城、戸田為山、中室舟水、三宅相舟  (敬称略、五十音順)

 

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る