ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市教育委員会 > 「きらりルーム」を活用した長期欠席者ゼロの取組について

「きらりルーム」を活用した長期欠席者ゼロの取組について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月12日更新

「きらりルーム」とは

 各学校は,全ての子どもたちが,毎日,笑顔で元気に登校し,日々の授業を中心とした教育活動を通して,21世紀型“スキル&倫理観”の育成に向け取り組んでいます。
 欠席が多い児童生徒へは,担任が中心となって家庭訪問を実施したり,適応指導教室等の関係機関と連携したりするなど,登校に向けた取組を進めています。
 
 今年度から,欠席者数の多い5つの中学校の校内に新たな居場所として「きらりルーム」をつくり,生徒が自分のペースで学習したり,スポーツや制作活動などをしたりしています。
 専任の担任,学校支援員,学校相談員を配置し,本人や保護者の願いを聞きながら,一人一人の状況に応じた取組を進めています。